紅学の基礎知識

戻 る

紅学とは
(最終更新日:2017年02月05日)
紅楼夢に関する学問を紅学といいます。日中の紅学の事情および50年代に起きた紅楼夢研究批判についてまとめておきます。
曹雪芹の家系と生涯
(最終更新日:2017年02月05日)
曹雪芹の家系とその生涯についての研究を曹学といい、曹雪芹自身についての研究を特に芹学ということがあります。
紅楼夢の版本
(最終更新日:2008年03月08日)
紅楼夢の版本は脂批本と程高本の二系統があり、版本研究は主に原稿に近い脂批本を対象としてなされています。
脂批と探佚学
(最終更新日:2008年10月13日)
探佚学とは曹雪芹が本来想定していた第81回以降の内容について探求する研究です。

作成にあたって次の資料を参考にしました。
松枝茂夫訳「紅楼夢」第1・8巻末解説(岩波文庫)
伊藤漱平訳「紅楼夢」第1・8・9・12巻末解説(平凡社ライブラリー)
飯塚朗訳「紅楼夢」巻末解説(集英社版世界文学全集)
「伊藤漱平著作集」第1巻(汲古書院)
週刊朝日百科「世界の文学」第108号~紅楼夢・金瓶梅ほか~(朝日新聞社)
丸山昇著「文化大革命に到る道~思想施策と知識人群像」(岩波書店)
吉田敬一編「中国文学の比較文学的研究」(汲古書院)
周汝昌著、小川澄夫訳「曹雪芹小伝」(汲古書院)
胡邦煒著「紅楼夢懸案解決」(四川人民出版社)
趙国棟編著「紅楼夢之謎」(中州古籍出版社)
《紅楼夢》辞典(山東文芸出版社)
孫玉明著「日本紅学史稿」(北京図書館出版社)