紅楼夢人物検索


○名前の後の( )は原作で第何回に登場するかを示しています。
い・きかん【韋葵官】 少女役者。のち湘雲づきに(54・58・60・63)
いんこ【鸚哥】=紫鵑
いんしゅうきんにょ【引愁金女】 太虚幻境の仙女(5)
いんせん【引泉】 宝玉の書童(24)
う・しんこう【烏進孝】 黒山村の庄屋(53)
うん・こう【雲光】 長安節度使(15・16)
うんじ【雲児】 錦香院の妓女(28)
えい・じゃくらん【衛若蘭】 公子、湘雲の夫?(14)
えんおう【鴛鴦】=金鴛鴦
えんこう【嫣紅】 賈赦の妾(47・70・74)
えんしん【円信】 地蔵庵の尼(77)
おう・えい【王栄】 栄国邸の男僕(52)
おう・きほう【王熙鳳】 賈璉の妻、王仁の妹、賈巧姐の母
(2・3・6・7・8・10・11・12・13・14・15・16・18・19・20・21・22・23・24・25・27・28・29・30・31・32・33・34・35・36・37・38・39・40・41・42・43・44・45・46・47・49・50・51・52・53・54・55・56・57・58・61・62・63・64・65・66・67・68・69・70・71・72・73・74・75・76・77・78・79・80・81・82・83・84・85・86・88・89・90・91・92・93・94・95・96・97・98・99・100・101・102・104・105・106・107・108・109・110・111・112・113・114・116・117・119・120)
おう・くじ【王狗児】 郊外の農家、劉婆さんの娘婿(6)
おう・くんこう【王君効】 医者、王済仁の叔祖父(42)
おう・こうのつま【王興の妻】 賈家の女僕(14)
おう・さいじん【王済仁】 太医院の医者(31・42・51・52・57・69・83・97)
おうし【王氏】 宝玉の乳母(62)
おうじ【鶯児】=黄鶯児
おうじ【旺児】=来旺
おう・ししょう【王子勝】 王子勝の弟、王夫人の三兄(101・108・114)
おう・しとう【王子騰】 王家の当主、王夫人の二兄
(3・4・16・25・44・48・54・62・65・68・70・85・96・97・101・104・106・108・114)
おうじのむすこ【旺児の息子】 (72・74)
おう・じゅうじ【王住児】 王婆さん(迎春の乳母)の息子(38・73)
おう・じゅうじのつま【王住児の妻】 (73・74)
おう・しん【王信】 熙鳳の男僕(68・69・70)
おう・じん【王仁】 熙鳳の兄
(14・48・49・95・96・101・108・114・115・117・118・119)
おう・せい【王成】 王狗児の父、板児・青児の祖父(6)
おう・せいじ【王青児】 王狗児の娘、板児の妹(6・113・119)
おう・ぜんぽのつま【王善保の妻】(74・75・77)
おう・ちゅう【王忠】 雲南節度使(101)
おう・どうし【王道士】 天斉廟の庵主(80)
おう・ばあさん【王婆さん】 黛玉の乳母(3・97・100)
おう・ばあさん【王婆さん】 迎春の乳母、王住児の母(73)
おう・はんじ【王板児】 王狗児の息子、劉婆さんの孫、青児の兄
(6・39・40・41・42・119)
おう・ふじん【王夫人】 賈政の妻、王子騰の妹、賈珠・元春・宝玉の母、薛未亡人の姉
(2・3・4・5・6・7・8・9・11・12・13・15・16・18・21・22・23・24・25・28・29・30・31・32・34・35・36・37・38・39・40・41・43・44・45・46・47・48・49・50・51・52・53・54・55・56・57・58・59・60・62・64・65・67・68・69・70・71・73・74・75・76・77・78・79・81・82・83・84・85・86・88・89・90・91・92・94・95・96・97・98・100・101・102・103・104・105・106・107・108・109・110・111・112・113・114・115・116・117・118・119・120)
おうむ【鸚鵡】 史太君づきの侍女(29)
がいかん【艾官】 少女役者、のち探春づきに(58・60)
かいじしゃ【灰侍者】 幻境のいかだ使い(5)
かいらん【偕鸞】 賈珍の妾(63・106・107)
か・うそん【賈雨村】 政界を浮沈する辣腕官僚
(1・2・3・4・16・17・32・33・48・53・72・82・92・102・104・107・117・120)
か・うん【賈芸】 賈家一族の青年
(13・23・24・25・26・29・37・51・53・85・88・104・111・112・115・117・118・119)
か・えい【賈瓔】 賈家一族(63)
か・えん【賈演】 寧国公(2・53)
か・かん【賈環】 賈政の第3子、探春の実弟、宝玉の異母弟
(18・20・22・23・24・25・27・30・33・34・36・53・54・55・57・58・60・61・62・67・70・72・75・77・78・81・84・85・87・88・94・100・104・105・108・110・112・113・115・116・117・118・119・120)
か・か【賈化】=賈雨村
かかん【茄官】 女役者。のち尤氏づきに(58)
か・きらん【賈喜鸞】 賈の妹(71・110・117)
か・きん【賈芹】 賈家一族の青年(13・23・24・29・53・88・93・94)
か・きん【賈菌】 栄国邸近縁の曾孫(9・13・53・54)
か・きんけい【夏金桂】薛蟠の妻
(79・80・83・84・85・87・90・91・100・103)
かく・けい【霍啓】 甄家の家人(1)
かくせん【鶴仙】 水月庵にあずけられた女道士(93)
か・けい【賈敬】 賈代化の次男、賈珍の父、賈蓉の祖父
(2・10・11・13・18・53・63・64・68・76)
か・けい【賈瓊】 賈家一族(13・71)
かけい【可卿】 幻境の仙女(5・111)
かけい【可卿】=秦可卿
かけい【佳惠】 宝玉づきの侍女見習(26・31・36)
か・げいしゅん【賈迎春】 賈赦の娘、賈璉の異母弟、孫紹祖の妻に
(2・3・4・5・7・14・16・18・20・21・22・23・27・28・29・31・32・33・35・37・38・40・41・42・45・46・49・53・55・57・58・61・62・64・65・69・71・73・74・75・76・77・78・79・80・81・85・99・100・105・106・108・109・112・113・115)
か・げん【賈源】 栄国公(2)
か・げんしゅん【賈元春】 賈政の長女、賈珠の妹、宝玉の姉
(2・16・18・19・20・22・23・28・29・35・36・53・55・62・65・70・72・76・81・83・84・86・92・93・95・96・99・102・110・112・116・119・120)
か・こう【賈璜】 東横町に住む賈家一族(9・10・13・29・54)
か・こう【賈荇】 賈家一族(13・63)
か・こう【賈蘅】 賈家一族(13・53)
か・こう【賈效】 賈家一族(13)
か・こう【賈珖】 賈家一族(13)
か・こう【賈珩】 賈家一族(13)
か・こうしゃ【賈巧姐】 賈璉の娘
(6・7・21・27・29・41・42・62・67・84・85・88・92・94・105・106・113・114・115・117・118・119・120)
か・さん【夏三】 金桂の従弟(91・103)
か・し【賈芷】 賈家一族(53)
か・し【賈芝】 賈家一族(13・105)
か・ししゃ【賈四姐】 賈瓊の妹(71・110・117)
か・じほう【花自芳】 襲人の兄(19・51・120)
か・しゃ【賈赦】 賈代善の長男、賈政・賈敏の兄、迎春・賈璉の父。
(2・3・4・11・13・14・15・16・18・23・24・25・36・45・46・47・48・53・55・64・65・66・69・71・75・76・79・81・83・84・85・92・93・94・96・99・100・102・104・105・106・107・108・119・120)
かしゅ【賈珠】 賈政の長男、李紈の夫、賈蘭の父、元春・宝玉の兄
(2・4・23・33・34・39・88・106)
か・しゅうじん【花襲人】 宝玉づきの侍女、花自芳の妹、蒋玉函の妻に
(3・5・6・8・9・13・18・19・20・21・22・23・24・25・26・27・28・29・30・31・32・33・34・35・36・37・38・39・40・41・43・44・46・49・50・51・52・53・54・55・56・57・58・59・60・61・62・63・64・67・70・71・73・74・77・78・79・81・82・83・85・86・87・89・91・92・94・95・96・97・98・99・100・101・102・104・106・108・109・111・113・114・115・116・117・118・119・120)
か・しゅちゅう【夏守忠】 六宮都太監(14・23・28・72)
か・しょう【賈薔】 寧国邸嫡系の玄孫
(9・11・12・13・16・18・23・36・105・110・117・118・119)
か・しょう【賈菖】 賈家一族(13・23・25・53・63)
か・しん【賈琛】 賈家一族(13)
かじん【可人】 侍女(故人)(46)
か・さん【何三】 周瑞の養子(88・111・112)
か・ずい【賈瑞】 賈代儒の孫(9・10・11・12・63)
か・せい【賈政】 代善の次男、賈珠・元春・宝玉・探春・賈環の父
(2・3・4・9・11・13・14・15・16・17・18・19・22・23・25・27・33・34・36・37・43・60・62・70・71・72・73・75・76・77・78・79・81・82・83・84・85・86・87・88・89・91・92・93・94・95・96・97・98・99・100・101・102・104・105・106・107・108・109・110・111・112・113・114・115・116・117・118・120)
か・せきしゅん【賈惜春】 賈敬の娘、賈珍の妹
(2・3・5・7・18・20・21・22・23・25・27・28・29・30・35・37・38・39・40・42・45・46・48・49・50・52・55・58・62・64・65・69・71・73・74・75・76・82・85・86・87・88・92・94・99・102・106・107・108・109・110・111・112・113・115・116・117・118・119)
か・そう【賈琮】 賈赦の次男?(24・53・54・58・60・75)
か・そう【賈藻】 賈家一族(13)
か・だいか【賈代化】 寧国公の長男(2)
か・だいじゅ【賈代儒】 家塾の塾長、賈瑞の祖父
(8・9・12・13・81・82・84・85・88・89・95・117)
か・だいぜん【賈代善】 栄国公の長男、賈赦・賈政の父(2)
か・だいしゅう【賈代修】 賈家一族(13)
か・たんしゅん【賈探春】 賈政の次女、宝玉の異母妹、賈環の姉
(2・3・5・7・18・20・21・22・23・27・28・29・32・35・37・38・39・40・42・43・45・46・47・48・49・50・51・52・55・56・57・58・60・61・62・63・64・65・66・67・70・71・73・74・75・76・77・81・82・83・84・85・86・87・89・90・92・94・95・98・99・100・101・102・104・108・109・110・112・118・119)
か・ちょく【賈敕】 賈家一族(13)
か・ちん【賈珍】 賈敬の息子、賈蓉の父、惜春の兄
(2・4・7・10・11・13・14・15・16・17・18・19・23・25・28・29・34・42・45・47・48・53・54・58・59・63・64・65・67・68・69・71・72・74・75・83・84・85・88・89・97・102・104・105・106・107・108・110・111・114・115・117・119・120)
か・とん【賈敦】 賈家一族(13)
かのこうしつ【賈の後室】=史太君
か・ばあさん【何婆さん】 春燕の母(58・59・60)
か・ばあさん【夏婆さん】 春燕の伯母(58・59・60)
か・ひょう【賈萍】 賈家一族(13・23・25・29)
か・ひん【賈)】 賈家一族(13・63・71)
か・びん【賈敏】 黛玉の母、賈代善の四女(2)
か・ふ【賈敷】 賈代化の長男、賈敬の兄(2)
か・ふん【賈芬】 賈家一族(13)
かぼ【賈母】=史太君
か・ほう【賈芳】 賈家一族(13)
か・ほうかん【花芳官】 女役者、のち宝玉づきに
(54・58・60・61・62・63・64・70・73・74・77・78・87・109)
か・ほうぎょく【賈宝玉】 賈政の次男、賈珠・元春の弟、薛宝釵の夫に
(2・3・5・6・7・8・9・10・11・13・14・15・16・17・18・19・20・21・22・23・24・25・26・27・28・29・30・31・32・33・34・35・36・37・38・39・40・41・42・43・44・45・46・47・48・49・50・51・52・53・54・55・56・57・58・59・60・61・62・63・64・65・66・67・69・70・71・72・73・74・75・76・77・78・79・80・81・82・83・84・85・86・87・88・89・90・91・92・93・94・95・96・97・98・99・100・101・102・104・105・106・107・108・109・110・111・112・113・114・115・116・117・118・119・120)
か・よう【賈蓉】 賈珍の息子、可卿の夫
(2・5・6・7・9・10・11・12・15・16・18・23・25・29・42・47・53・54・57・58・63・64・65・67・68・69・75・83・92・93・102・105・106・107・110・115・116・118・120)
か・らん【賈蘭】 賈珠と李紈の息子
(4・9・18・22・24・26・54・55・57・58・61・62・75・77・78・87・88・92・94・97・104・105・107・108・110・112・113・115・116・117・118・119・120)
か・りょう【賈菱】 賈家一族(13・23・25・53・63)
か・りん【賈璘】 賈家一族(13)
か・れん【賈璉】 賈赦の長男、煕鳳の夫、賈巧姐の父
(2・6・7・11・12・13・14・16・17・18・19・21・22・23・24・25・33・42・44・46・47・48・53・54・58・59・63・64・65・66・67・68・69・70・71・72・74・75・82・83・84・85・86・88・89・92・93・94・95・96・97・99・101・102・103・104・105・106・107・109・110・111・112・113・114・115・116・117・118・119・120)
かん・き【韓奇】 錦郷侯の息子(14)
きかん【葵官】=韋葵官
きさん【綺霰】 宝玉づきの侍女(20・26・27)
きじ【喜児】 賈珍づきの小者(65)
きじ【喜児】=同喜
きほう【熙鳳】=王熙鳳
ぎゅう・けいそう【牛継宗】 鎮国公牛清の孫(14)
ぎゅう・せい【牛清】 鎮国公(14)
きゅう・せいあん【裘世安】 総理内庭都検点太監(101)
きゅう・りょう【裘良】 景田侯の孫(14)
きょうど【杏奴】 湘蓮の小者(47)
ぎょくあい【玉愛】 家塾の同窓生(9)
ぎょくかん【玉官】 女役者(30・36)
きょうこう【嬌杏】 甄家の侍女、のち賈雨村の妻に(1・2)
ぎょくせんじ【玉釧児】=白玉釧
きん・えい【金栄】 家塾の同窓生、賈璜の甥(9・10・81)
きん・えんおう【金鴛鴦】 史太君づきの侍女、金彩の娘、金文翔の妹
(20・24・29・31・38・39・40・41・42・43・44・46・47・50・52・53・54・57・59・60・62・69・70・71・72・74・75・76・77・81・82・83・84・88・94・95・97・100・106・107・108・109・110・111・112・116・120)
きん・おう【金鶯】=金鶯児
きんけい【金桂】=夏金桂
きんけいのはは【金桂の母】(103)
きん・さい【金彩】 鴛鴦・金文翔の父(46)
きんし【金氏】 金栄の叔母、賈璜の妻(10)
きんせんじ【金釧児】=白金釧
ぎんそ【銀姐】=卜銀姐
ぎんちょう【銀蝶】 尤氏づきの侍女(75)
きん・ぶんしょう【金文翔】 鴛鴦の兄、金彩の息子(46)
きん・ぶんしょうのつま【金文翔の妻】 鴛鴦の兄嫁(46)
ぐうかん【藕官】 女役者、のち黛玉づきに(58・59・60・62・77)
くうくうどうじん【空空道人】 天界の道人(1・120)
けいげんせんこ【警幻仙姑】 太虚幻境の主宰者(1・5・12)
げいけい【鯨卿】=秦鐘
けいこう【惠香】 宝玉づきの侍女見習(21・63・64・77)
けい・こうこ【嵆好古】 食客(86)
けいじ【慶児】 熙鳳づきの小者(68・69)
げい・じ【倪二】 高利貸しのゴロツキ(24・104)
けい・しゅうえん【邢岫烟】邢夫人の姪、邢忠の娘、薛蝌の妻に
(49・50・52・53・57・58・62・63・73・81・85・87・90・92・94・95・99・108・109・110・114・118)
げいしゅん【迎春】=賈迎春
けい・ちゅう【邢忠】 邢夫人の兄、邢岫烟の父(57)
けい・とくぜん【邢徳全】 邢夫人の弟(64・75・84・117・118)
けい・ふじん【邢夫人】 賈赦の妻、賈璉の母
(3・5・7・10・11・13・15・16・17・18・19・24・25・35・42・43・44・45・46・47・51・53・54・57・58・64・65・66・69・71・73・74・75・76・77・79・80・81・82・83・84・85・90・91・92・94・95・99・100・105・106・107・108・109・110・111・112・113・114・115・117・118・119)
げんしゅん【元春】=賈元春
けんび【兼美】=可卿
ごいんきょさま【ご隠居様】=史太君
こう・おうじ【黄鶯児】 宝釵づきの侍女
(7・8・20・26・27・29・35・38・48・49・55・56・57・59・60・62・67・91・97・98・106・108・109・111・118・119)
こう・ぎょうめい【侯暁明】 修国公(14)
こうぎょく【紅玉】=林紅玉
こう・こうこう【侯孝廉】 修国公の孫(14)
こうじ【興児】 賈璉づきの侍童(53・65・66・67・68)
こうしゃ【巧姐】=賈巧姐
こうりょう【香菱】 薛蟠の妾、甄士隠の娘
(1・4・7・16・20・24・25・27・28・29・33・35・47・48・49・50・57・58・62・63・70・79・80・81・82・83・84・85・91・100・103・108・114・120)
こうれん【香憐】 家塾の同窓生(9)
ごき【呉貴】 晴雯の従兄(77・92・102)
こくじ【黒児】 某老婆の孫(90)
こ・くんえい【胡君栄】 やぶ医者(51・69)
ご・こうのつま【呉興の妻】 王夫人の陪房(74)
こし【胡氏】 賈蓉の後妻(53・54・57・59・75・76・92・106・110)
こし【胡氏】 金栄の母(10)
ごじ【五児】=柳五児
こ・しらい【胡斯来】 食客(26)
ご・しんとう【呉新登】 栄国邸の金庫係(8・16・54・106)
ご・しんとうのつま【呉新登の妻】 栄国邸の女僕(34・55・56)
ご・たいれん【呉大人】 巡撫(85)
ご・てんゆう【呉天祐】 呉貴妃の父(16)
こはく【琥珀】 史太君の侍女
(20・29・38・40・44・46・49・50・53・54・57・59・69・70・71・75・81・84・88・94・106・109・111・112)
ご・りょう【呉良】 薛蟠が殺人を起こした時の証人(86・99)
さいうん【彩雲】 王夫人づきの侍女
(23・29・30・34・38・43・59・60・61・62・70・77・96・98・104・106・108・109・110・112・113・117・119)
さいか【彩霞】 王夫人づきの侍女(23・25・38・39・43・46・59・72)
さいじ【彩児】=彩屏
さいへい【彩屏】 惜春づきの侍女(29・62・87・88・111・112・115・118)
さいめい【彩明】 熙鳳づきの書童(7・14・24・42・45・88)
さいらん【彩鸞】 王夫人づきの侍女(62)
じかく【時覚】 風水師?(70)
しき【司棋】=秦司棋
しきくう【色空】 鉄檻寺の住職(14)
しけん【紫鵑】 黛玉づきの侍女
(3・8・21・22・24・25・26・27・28・29・30・35・38・40・45・46・48・52・56・57・59・60・62・64・67・70・74・76・79・81・82・83・85・86・87・89・90・91・94・95・96・97・98・100・104・111・113・115・116・117・118・119)
しじ【四児】=惠香
じしょ【侍書】 探春づきの侍女
(7・27・29・37・38・55・62・73・74・81・89・90)
ししょう【紫綃】 宝玉づきの侍女(27・64)
し・しょううん【史湘雲】 史家の姫、史太君の孫娘
(19・20・21・22・29・31・32・33・35・36・37・38・39・40・41・42・45・49・50・52・53・54・55・56・57・58・59・62・63・70・71・75・76・82・83・85・87・92・94・97・99・102・106・108・109・110・112・118・119)
したいくん【史太君】 賈代善の妻、賈赦・賈政・賈敏の母
(2・3・5・7・8・9・10・11・12・13・14・16・17・18・19・20・21・22・23・24・25・26・28・29・30・31・33・34・35・36・37・38・39・40・41・42・43・44・45・46・47・48・49・50・51・52・53・54・55・56・56・57・58・59・61・62・63・64・65・66・67・68・69・70・71・72・73・74・75・76・77・78・80・81・82・83・84・85・86・87・88・89・90・91・92・94・95・96・97・98・99・100・101・102・104・105・106・107・108・109・110・111・112・113・115・116・119・120)
し・てい【史鼎】 湘雲の伯父(13・14・49・71)
じゃげつ【麝月】 宝玉づきの侍女
(5・9・20・21・24・27・30・31・34・35・36・37・46・49・51・52・53・54・56・58・59・60・62・63・64・70・73・74・77・78・81・82・85・89・92・94・95・101・104・109・113・115・116・118)
しゃげい【謝鯨】 定城侯の孫(14)
しゅうえん【岫烟】=邢岫烟
しゅうきつ【繍橘】 迎春づきの侍女(29・73・77)
しゅう・けい【周瓊】 探春の夫の父(99)
しゅうし【周氏】 賈政の妾(25・35・36・37・38・43・60・112・113)
しゅうし【周氏】 賈芹の母(23)
しゅうじん【襲人】=花襲人
しゅう・ずい【周瑞】 栄国邸の執事、王夫人の陪房
(6・52・83・88・93・97・99・106・111・112)
しゅう・ずいのつま【周瑞の妻】
(6・7・24・25・29・34・39・45・51・68・71・74・77・83・101・103・110・112・113)
しゅうとう【秋桐】 賈赦づきの侍女→賈璉の妾に
(69・88・106・111・113・114・117)
しゅうばあさん【周婆さん】 湘雲の乳母(32)
しゅうほう【繍鳳】 王夫人づきの侍女(23)
しゅうもん【秋紋】 宝玉づきの侍女
(19・20・24・31・34・35・37・52・54・55・63・64・67・74・77・78・82・85・86・89・91・92・94・95・96・97・101・108・115・118・119・120)
しゅうらん【繍鸞】 王夫人の侍女(23・62)
しゅうりょう【秋菱】=香菱
しゅく・ばあさん【祝婆さん】 使用人(56・57・57)
じゅじ【寿児】 賈珍づきの小者(65)
しゅんえん【春燕】 宝玉づきの侍女見習(59・60・61・62・63・70)
しゅんせん【春繊】 黛玉づきの侍女見習(29・34)
しょううん【湘雲】=史湘雲
しょうえん【小燕】=何春燕
しょうか【小霞】 彩霞の妹(72)
しょうきつしょうじ【小吉祥児】 趙氏づきの侍女(57)
しょうきゅうじ【小鳩児】 春燕の妹(58・59)
じょうきょ【浄虚】 水月庵の尼(15)
しょう・ぎょくかん【蒋玉函】 忠順親王府お抱えの俳優、襲人の夫
(28・32・34・86・90・93・120)
しょうこう【小紅】=林紅玉
しょうじ【昭児】 賈璉の従僕(14)
しょうしねい【蒋子寧】 平原公の孫(14)
しょうじゃく【小鵲】 趙氏づきの侍女(73)
しょうしゃじ【小捨児】 金桂づきの侍女(80)
しょうじょうたいし【鐘情大士】 太虚幻境の仙女(5)
しょうせんじ【小蝉児】 探春づきの侍女見習、春燕の伯母の孫(60・62)
しょう・だい【焦大】 寧国邸の老僕(7・88・105)
しょうら【小螺】 宝琴づきの侍女見習(52・62)
じょかい【如海】=林如海
じょやく【鋤薬】 宝玉の書童(9・24・28・52・85・93)
しん・えいれん【甄英蓮】=香菱
しん・かけい【秦可卿】 賈蓉の妻、秦業の義娘、秦鐘の義姉
(5・6・7・8・10・11・13・101・110・111・116・120)
しん・ぎょう【秦業】 可卿の義父、秦鐘の父(8・9・13・15・16)
しん・けんのつま【秦顕の妻】 司棋の叔母(61・62)
しんこう【沁香】 水月庵にあずけられた女道士(93)
しんじ【臻児】 香菱づきの侍女見習(29・48・62)
しん・しいん【甄士隠】 金陵の士人、香菱の父(1・92・103・104・120)
しん・しき【秦司棋】 迎春づきの侍女
(7・27・29・38・61・62・71・72・73・74・77・78・82・92)
しん・しょう【秦鐘】 秦業の次子、可卿の義弟
(5・7・8・9・10・13・14・15・16・17・33・47・81)
しん・ひ【甄費】=甄士隠
しん・ふじん【甄夫人】 宝嘉の妻、甄宝玉の母(57・115)
しん・ほうか【甄宝嘉】 甄家の当主、甄宝玉の父(2・93・114)
しん・ほうぎょく【甄宝玉】 宝嘉の息子(2・56・114・115・119)
すいい【翠縷】 湘雲づきの侍女(21・22・31・32・46・62・70・76・82・83)
すいうん【翠雲】 賈赦の妾(74)
ずいかん【蕊官】 女役者、のち宝釵づきに(58・59・60・62・63・77)
ずいしゅ【瑞珠】 可卿づきの侍女(13)
すいぼく【翠墨】 探春づきの侍女(29・37・38・43・46・60・62・70・82)
すい・よう【水溶】 北静郡王
(14・15・24・28・43・45・71・85・105・106・107・119)
せいじ【青児】=王青児
せいぶん【晴雯】 宝玉づきの侍女
(5・8・9・19・20・26・27・28・30・31・34・35・36・37・49・51・52・53・56・58・59・60・61・62・63・64・67・70・73・74・76・77・78・79・82・87・89・92・94・101・102・104・109・116)
せき・けんき【戚建輝】 襄陽侯の孫(14)
せき・こうじゅ【石光珠】 繕国公石守業の孫(14)
せき・しゅぎょう【石守業】 繕国公(14)
せきしゅん【惜春】=賈惜春
せつ・か【薛蝌】 薛蟠の従弟、宝琴の兄、薛蟠・宝釵の従弟、邢岫烟の夫に
(49・57・62・66・85・86・90・91・94・96・97・99・100・103・105・106・108・114・117・119・120)
せつがん【雪雁】 黛玉づきの侍女見習
(3・8・21・25・27・29・35・57・64・70・82・83・85・86・87・89・90・91・92・94・97・100)
せつ・ばん【薛蟠】 薛家の当主、薛未亡人の息子、宝釵の兄、薛蝌・宝琴の従兄
(3・4・8・9・13・16・19・25・26・28・29・31・33・34・35・47・48・57・62・66・67・75・79・80・83・84・85・86・91・92・95・96・97・99・100・103・104・108・109・119・120)
せつ・ほうきん【薛宝琴】 薛蝌の妹、薛蟠・宝釵の従妹
(49・50・51・52・53・57・58・62・63・70・71・73・75・82・83・85・86・90・92・94・97・99・100・102・103・108・110・118・119)
せつ・ほうさ【薛宝釵】 薛蟠の妹、薛未亡人の娘、宝玉の妻に
(4・5・7・8・16・18・19・20・21・22・23・24・25・26・27・28・29・30・31・32・33・34・35・36・37・38・39・40・41・42・43・44・45・46・47・48・49・50・51・52・53・54・55・56・57・58・59・60・61・62・63・64・65・65・67・69・70・71・73・74・75・76・77・78・79・80・81・82・83・84・85・86・87・89・90・91・92・94・95・96・97・98・99・100・101・102・103・104・105・106・108・109・110・111・112・113・114・115・116・117・118・119・120)
せつ・みぼうじん【薛未亡人】 薛蟠・宝釵の母、王夫人の妹
(4・7・8・16・18・20・22・25・27・29・31・33・34・35・36・38・40・41・42・43・44・46・47・48・49・50・51・53・54・57・58・59・60・62・63・66・67・71・76・77・79・80・82・83・84・85・86・88・89・90・91・92・95・96・97・98・99・100・101・103・106・108・109・110・117・119・120)
せん・か【銭華】 栄国邸の小者(8)
せん・かい【銭槐】 趙氏の甥(60)
せん・かい【詹会】 江西糧道糧米係の書記(99)
せん・けい【銭啓】 小者(52)
せんこう【詹光】=詹子亮
せんじ【拴児】 賈赦づきの小者(102)
ぜんしゃ【善姐】 熙鳳が尤二姐に与えた侍女(68)
せん・しりょう【詹子亮】 食客(8・16・26・42・84・92)
せんせつ【茜雪】 宝玉づきの侍女(7・8・19・46)
ぜん・だいりょう【単大良】栄国邸の男僕(54)
ぜん・だいりょうのつま【単大良の妻】 栄国邸の家人(56・57)
ぜん・へいじん【単聘仁】 食客(8・16・26)
そうか【掃花】=掃紅
そうこう【掃紅】 宝玉づきの書童(9・24・52・93)
そうじゅ【雙寿】 宝玉づきの書童(28)
そうずい【雙瑞】 宝玉づきの書童(28)
そう・ばあさん【宋婆さん】 宝玉の女僕(37・52・53・57・77・78)
そうん【素雲】 李紈の侍女
(29・40・42・46・55・62・67・75・81・88・97・119)
そん・しょうそ【孫紹祖】 迎春の夫(79・80・81・106・109)
たいぎょく【黛玉】=林黛玉
たい・けん【戴権】 大明宮の宦官長(13)
たい・りょう【戴良】 栄国邸の家人(8・106)
たいりょう【大了】 散花寺の尼(101)
た・かん【多官】 栄国邸の料理番(21)
たのねえちゃん【多姑姐児】 多官の妻(21・65・66・68・77)
だんうん【檀雲】 宝玉の侍女(24・34・52)
たんしゅん【探春】=探春
ちぜん【智善】 水月庵の尼(15)
ちつう【智通】 水月庵の尼(77)
ちのう【智能】 水月庵の尼(7・15・16)
ちむせんこ【痴夢仙姑】 太虚幻境の仙女(5)
ちょう・うん【挑雲】 宝玉づきの書童(24)
ちょう・えきか【趙亦華】 宝玉づきの男僕(52)
ちょうおうし【張王氏】 張三の母(86)
ちょう・か【張華】 尤二姐の許嫁(64・67・68・69・104・105・106・107)
ちょう・きんか【張金哥】 長安・善才庵の一檀家の娘(15)
ちょう・こくき【趙国基】 趙氏の弟(55)
ちょう・ざいのつま【張材の妻】 栄国邸の女僕(14・27・39・45)
ちょう・さん【張三】 薛蟠が殺した相手(86・99)
ちょうし【趙氏】 賈政の妾、探春・賈環の母
(20・23・25・27・35・36・37・38・43・52・55・57・58・60・61・62・67・71・72・73・81・83・84・85・94・100・112・113・117・118・119)
ちょうし【趙氏】 宝玉の乳母(62)
ちょうし【張氏】 宝玉の乳母(62)
ちょう・じ【張二】 張三の叔父(86)
ちょう・じゃくきん【張若錦】 宝玉づきの男僕(52)
ちょう・じょけい【張如圭】 賈雨村とともに弾劾された男(3)
ちょう・ぜん【趙全】 錦衣府長官(105)
ちょう・だい【張大】 張三の父(86)
ちょう・てんとう【趙天棟】 趙婆さんの次男(16)
ちょう・てんりょう【趙天樑】 趙婆さんの長男(16)
ちょう・どうし【張道士】 道録司の印(29・62)
ちょう・とくき【張徳輝】薛家の家人(48・67・97・100)
ちょう・ばあさん【趙婆さん】 賈璉の乳母(16)
ちょう・ばあさん【張婆さん】 大観園の後門の係(74)
ちょう・ゆうし【張友士】 医者、馮紫英の先生(10・13)
ちんしゅ【珍珠】 史太君の侍女(29・94・96・98・106・108・111・112)
ちんしゅ【珍珠】=花襲人
ちん・ずいぶん【陳瑞文】 斉国公陳翼の孫(14)
ちん・やしゅん【陳也俊】 公子(14)
ちん・よく【陳翼】 斉国公(14)
ついじ【墜児】 宝玉づきの侍女見習(26・27・52・53・58・60)
てい・かのつま【鄭華の妻】 王夫人の陪房(74)
てい・こうじのつま【鄭好時の妻】 栄国邸の女僕(34)
てんじ【篆児】 宝玉づきの侍女見習(52)
てんじ【篆児】 岫烟づきの侍女(57・62)
てんじ【靛児】 史太君づき侍女見習(30)
てい・じつこう【程日興】 食客(16・26・42・114)
でん・ばあさん【田婆さん】 大観園の田畑管理(56)
とうかん【荳官】 女役者。のち宝琴づきに(58・60・62・63・75)
どうき【同喜】 薛未亡人づきの侍女(29・67)
どうき【同貴】 薛未亡人の侍女(29・91)
とう・ねえちゃん【燈姑娘児】 晴雯の兄嫁(77・102)
どこんぼだい【度恨菩提】 太虚幻境の仙女(5)
にあとう【二丫頭】 農家の娘(15)
にゅうが【入画】 惜春づきの侍女(7・27・29・38・48・62・74・77・78)
ばい・かんりん【梅翰林】 宝琴の嫁ぎ先(49・57・78)
はいほう【佩鳳】 賈珍の妾(63・71・74・75・106・107)
はいめい【焙茗】=葉茗烟
ば・かい【馬魁】 治国公(14)
ばかねえや【馬鹿姐や】 史太君づきの侍女見習(73・74・96・97)
はく・ぎょくせん【白玉釧】 王夫人づきの侍女、金釧児の妹
(25・30・35・36・40・43・46・57・59・61・62・81・110・117)
はく・きんせん【白金釧】 王夫人づきの女中、玉釧児の姉
(7・23・25・29・30・31・32・33・34・36・44・46)
ば・しょう【馬尚】 治国公の孫(14)
ば・どうば【馬道婆】 巫婆(25・41・81・112)
はり【玻璃】 史太君づきの侍女(59)
ばんかく【伴鶴】 宝玉づきの書童(24・52)
はん・さんぽ【藩三保】 馬道婆を告発した男(81)
はんじ【板児】=王板児
はん・ゆうあん【潘又安】 司棋の従弟(72・92)
びじん【媚人】 宝玉の侍女(5)
ひすい【翡翠】 史太君の侍女(59)
ひつ・ちあん【畢知庵】 医者(98)
ひ・ばあさん【費婆さん】 邢夫人の陪房(71)
びょうびょうしんじん【渺渺真人】 びっこの道士
(1・12・18・25・67・81・120)
ふう・えん【馮淵】 薛蟠に殺された男(4)
ふう・しえい【馮紫英】 神武将軍の息子(10・14・26・28・29・92・93)
ふう・とう【馮唐】 神武将軍(26・29)
ふ・し【傅試】 通判(35・94)
ふ・しゅうほう【傅秋芳】 傅試の妹(35)
ぶんか【文花】賈珍の妾(75・106)
ぶんかん【文官】 女役者、のち史太君づきに(27・30・40・41・54・58)
ぶんきょう【文杏】 宝釵づきの侍女見習(29・48)
へいじ【平児】 賈璉の妾、熙鳳づきの侍女
(6・7・11・12・13・14・16・21・24・25・27・29・31・35・36・38・39・40・41・42・43・44・45・46・47・48・49・50・51・52・53・55・56・59・60・61・62・63・64・65・67・68・69・71・72・73・74・84・88・90・92・93・94・97・101・102・105・106・107・108・109・110・111・112・113・114・117・118・119・120)
へきげつ【碧月】 李紈づきの侍女(29・40・70・81・97)
へきこん【碧痕】 宝玉づきの侍女(20・24・25・26・27・31・63・64)
ほうかん【芳官】=花芳官
ほうかん【宝官】 女役者(30・36)
ほうぎょく【宝玉】=賈宝玉
ほうきん【宝琴】=薛宝琴
ほうきん【抱琴】 元春が宮中に入る時に連れていった侍女(18)
ほうさ【宝釵】=薛宝釵
ほうし【封氏】 甄士隠の妻(1・2)
ほうじ【豊児】 熙鳳づきの侍女
(7・14・20・24・25・29・40・41・46・55・67・68・74・90・94・101・107・111・112・113・117)
ほう・じ【鮑二】 賈家の男僕
(44・64・65・88・105・106・111・112・114・117)
ほう・じのつま【鮑二の妻】 賈璉の浮気相手(44・47)
ほうじゅ【宝珠】 可卿づきの侍女見習(13・15)
ほう・しゅく【封粛】 士隠の岳父、封氏の父(1・2)
ほうせん【宝蟾】 金桂の侍女→薛蟠の妾(80・83・90・91・100・103)
ほうちん【方椿】 植木屋(24)
ぼうぼうたいし【茫茫大士】 かさ頭の僧
(1・3・7・18・25・81・115・116・117・120)
ほうゆう【包勇】 甄家の手代(93・105・107・111・112・114・117)
ぼくう【墨雨】 宝玉づきの書童(9・87・97)
ぼく・ぎんそ【卜銀姐】 卜世仁(賈芸の叔父)の娘(24)
ぼく・こしゅう【卜固修】 食客(16)
ぼく・せいじん【卜世仁】 賈芸の叔父、銀姐の父(24)
まんじ【卍児】 尤氏づきの侍女見習(19)
みょうぎょく【妙玉】 櫳翠庵の尼
(18・41・49・50・63・76・87・94・95・109・111・112・113・114・115・116・117)
めいえん【茗烟】 =葉茗烟
めのう【瑪瑙】 史太君づきの侍女(67)
もう・はんせん【毛半仙】 易者(102)
もくこじ【木居士】 幻境のいかだ使い(5)
やくかん【薬官】 少女役者(58)
ゆう・さんしゃ【尤三姐】 尤氏の従妹、尤二姐の妹
(63・64・65・66・67・69・70・107・116)
ゆうし【尤氏】 賈珍の妻、賈蓉の母
(5・7・8・10・11・13・14・16・18・19・43・44・51・53・54・57・58・59・60・62・63・64・66・67・68・69・71・73・74・75・76・97・102・106・107・108・110・111・112・115・117・118・119)
ゆう・にしゃ【尤二姐】 尤氏の従妹、尤三姐の姉、賈璉の妾
(63・64・65・66・67・68・69・70・71・82・88・107・113・114)
ゆうろうぼ【尤老母】 尤氏の義母(63・64・65・67)
ゆ・ろく【兪禄】 寧国邸の家人(64・67)
よう・ばあさん【葉婆さん】 茗烟の母、大観園の花草管理(56)
よう・めいえん【葉茗烟】 宝玉づきの書童
(9・16・19・23・24・26・28・33・34・39・43・47・51・52・63・64・66・80・81・84・85・87・89・93・94・95・101・102・119)
よ・しん【余信】 栄国邸の家人(7)
よ・しんのつま【余信の妻】 栄国邸の女僕(7)
らい・おう【来旺】 熙鳳の陪房
(14・15・27・39・67・68・72・93・97・106)
らい・おうのつま【来旺の妻】 熙鳳の陪房
(11・14・16・68・72・74・110)
らい・きのつま【来喜の妻】 熙鳳の陪房(74)
らい・こう【来興】 栄国邸の家人(33)
らい・じ【頼二】=来昇
らい・しょう【来昇】 寧国邸の執事頭(7・14・16・53・54・63)
らい・しょう【頼昇】=来昇
らい・しょうのつま【来昇の妻】 寧国邸の女僕(14・96)
らい・しょうえい【頼尚栄】 頼大の長男(47・116・118)
らい・だい【頼大】 栄国邸の執事頭
(16・33・43・45・47・52・54・56・58・59・71・77・83・93・94・96・105・106・109・112・114・115・118)
らい・だいのつま【頼大の妻】 栄国邸の女僕
(43・45・47・52・70・71)
らい・ばあさん【頼婆さん】 頼大の母(43・44・45・52・77)
り・がん【李紈】 賈珠の妻、李守中の娘、賈蘭の母
り・き【李綺】 李紈の従妹、李紋の妹、甄宝玉の妻に
(49・50・53・70・81・85・87・92・94・99・108・115・118・119)
り・き【李貴】 宝玉づきの従僕
(9・16・43・52・62・80・81・83・84・85・117・119)
り・こう【李孝】 蘇州勅使(101)
りじ【李二】 居酒屋の店主(86)
り・じゅうじ【李十児】 江西省本庁の門番(99・100)
り・しゅちゅう【李守中】 李紈の父(4)
り・しょう【李祥】 薛家の小者(86・91)
り・とく【李徳】 門番(93)
り・ばあさん【李婆さん】 宝玉の乳母(3・8・19・20・26・36・57)
り・ばあさん【李婆さん】 巧姐の乳母(92・101)
り・みぼうじん【李未亡人】 李紈の叔母
(49・50・51・53・54・58・108・110・118・119)
り・もん【李紋】 李紈の従妹、李綺の姉
(49・50・53・70・81・85・87・92・94・99・108・115)
りゅう・ごじ【柳五児】 柳二の娘、のち宝玉づきの侍女に
(60・61・62・63・70・77・87・92・94・101・102・108・109・116・118)
りゅうし【劉氏】 王狗児の妻、劉婆さんの娘、板児・青児の母(6)
りゅう・じ【柳二】 柳五児の父(74)
りゅうじ【隆児】 賈璉づきの小者(65・66)
りゅう・しょうれん【柳湘蓮】 侠気ある良家の子弟(47・48・66・67・70)
りゅう・てつし【劉鉄嘴】 測字屋(94)
りゅうじのつま【柳二の妻】 栄国邸の料理番、五児の母
(60・61・62・63・73・74・87)
りゅう・ばあさん【劉婆さん】 王狗児の義母、劉氏の母、板児・青児の祖母
(6・7・39・40・41・42・113・119・120)
りゅう・ばあさん【劉婆さん】 巧姐の乳母(92)
りゅう・ひょう【柳彪】理国公(14)
りゅう・ほう【柳芳】理国公の孫(14)
りょうじ【良児】昔邸を追い出された侍女(52)
りん・かい【林海】=林如海
りん・こうぎょく【林紅玉】 宝玉づきの侍女見習→熙鳳の侍女に、林之孝の娘
(24・25・26・27・28・29・60・67・88・89・90・92・101・111・113・117)
りん・しこう【林之孝】 栄国邸の執事頭、林紅玉の父
(16・27・29・44・52・54・70・71・72・83・85・97・111・112・116)
りん・しこうのつま【林之孝の妻】 栄国邸の女僕、林紅玉の母
(18・27・43・44・52・53・54・56・57・59・61・62・63・64・70・71・73・90・94・97・98)
りん・じょかい【林如海】 揚州の巡塩御史、賈敏の夫、黛玉の父
(2・3・12・14・16・92)
りん・たいぎょく【林黛玉】 如海と賈敏の娘
(2・3・4・5・7・8・9・12・13・14・16・18・19・20・21・22・23・24・25・26・27・28・29・30・31・32・34・35・36・37・38・39・40・41・42・43・44・45・46・48・49・50・51・52・53・54・55・57・58・59・60・62・63・64・65・67・69・70・71・73・74・75・76・78・79・81・82・83・84・85・86・87・88・89・90・91・92・93・94・95・96・97・98・99・100・102・104・106・107・108・109・110・113・114・115・116・118・120)
れいかん【齢官】 女役者(18・30・36)
れんかじ【蓮花児】 迎春づきの侍女見習(61)
れい・しこう【冷子興】 骨董商、周瑞の娘婿(2・7・104)
ろうし【婁氏】 賈菌の母(53)