頤和園長廊

戻 る

 頤和園(世界文化遺産)は現存する中国最大の皇室庭園で、北京観光の際には必ず訪れるスポットです。
 清の乾隆帝が母君(孝聖憲皇后)の還暦を祝うために1750年に造成(完成は1764年)され、1860年のアロー戦争で英仏連合軍に破壊されました。1888年に西太后の隠居所として再建されますが、この際に北洋水師(海軍)の経費を流用して修復されたため、日清戦争に敗北する一因となった(異説あり)というのは有名な話です。

 長廊は昆明湖の北岸に沿って建てられている長さ728mの回廊で、柱の梁には花鳥、風景、神話や古典小説を題材とした8000枚あまりの色彩画が描かれています。四大名著(三国演義・水滸伝・西遊記・紅楼夢)の名場面も描かれており、紅楼夢関連の彩画を拾ってみました。


紅楼夢関連の彩画

 彩画はテーマ毎にまとまった場所にあるわけではなく、紅楼夢の彩画もランダムに配置されています。また、両梁の内側と外側にそれぞれ別の彩画が描かれているため、1カ所につき4枚の彩画が並んでいることになります。なお、彩画には決まったタイトルはありませんので、各資料やネット情報から適当なものを取りました。

(1)邀月門~留佳亭

 長廊の東入口の邀月門(ようげつもん)をくぐった最初のエリアでは、宝玉と黛玉が西廂記を読む場面(第23回)が。

○宝黛閲西廂(1)

(2)留佳亭~対鴎舫

 宝琴が櫳翠庵の紅梅をもらった場面(第50回)と晴雯が雀金裘を繕った場面(第53回)です。

○踏雪尋梅(1)

○晴雯補裘

(3)対鴎舫~寄瀾亭

 場面は分かりませんが探春(蕉下客は詩会での号)、宝釵が扇子で蝶を追った場面(第27回)、湘雲が芍薬に埋もれて酔いつぶれた場面(第62回)です。

○蕉下客

○宝釵戯蝶(1)

○湘雲醉臥(1)

(3)寄瀾亭~排雲門

 宝玉と宝釵の婚儀を傻大姐が黛玉にばらす場面(第96回)、元春妃の省親を迎える場面(第18回)、湘雲と黛玉が凹晶館で詩才を競った場面(76回)です。

○傻大姐泄密

○元春省親

○寒塘渡鶴影

(4)排雲門~秋水亭

 尤三姐が頸を刎ねた場面(66)、芍薬に埋もれて眠る湘雲(2枚目)、紅梅を求めた宝琴(2枚目)です。


○尤三姐自刎

○湘雲醉臥(2)

○踏雪尋梅(2)

(5)秋水亭~魚藻軒

 西廂記を読む宝玉と黛玉(2枚目)、晴雯が扇子を引き裂く場面(第31回)です。

○宝黛閲西廂(2)

○晴雯撕扇

(6)魚藻軒~清遥亭

 宝玉が夢に太虚幻境を訪れる場面(第5回)、蘆雪庵で雪の詩会が開かれた場面(第49回)、宝玉と妙玉が黛玉の琴音を聞く場面(第78回)、黛玉が詩稿を火にくべる場面(第97回)です。宝玉痴情は何の場面か分かりません。

○夢游太虚境

○蘆雪庵聯句

○双玉听琴

○焚稿断痴情

○宝玉痴情

(7)清遥亭~石丈亭

 宝釵が蝶を追った場面(2回目)、香菱が草合わせをした場面(第92回)、劉婆さんが大観園を訪ねた場面(第40回)、 探春らが釣りをして占った場面(第81回)です。

○宝釵戯蝶(2)

○香菱斗草

○劉姥姥進大観園

○四美釣魚