005331
一刻館簡易掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
参照先
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
居住地    イメージ  [イメージ参照]
コメント

   削除キー (英数字で8文字以内)
クッキーを記憶

[951] めぞん一刻考 10巻原作「大安仏滅」から11巻「閉じられた扉」までの読み方 投稿者:TOM [九州] 投稿日:2013/01/27(Sun) 13:51
めぞん一刻考 10巻原作「大安仏滅」から11巻「閉じられた扉」までの読み方

全巻一気に読み、再度読み返してるとき感じました。10巻原作の「大安仏滅」から11巻「閉じられた扉」までの流れに何か違和感を感じませんでしたか。
 この部分、響子は三鷹のプロポーズを、自分をないがしろにした五代への怒りから「結婚してやる」と脳内絶叫をし、受けようとするけど、「めぞん」の隠れたテーマみたいな「響子の再婚」がこう簡単に決められていいのかと思ったわけです。これ以前の物語の流れからでも違和感があったし、なによりも惣一郎はどうしたと思ったわけです。物語の最終局面で五代が対峙し、「思いがウソ」になると響子に言わしめた惣一郎はこの部分でてきません。このときだけ惣一郎忘れて、三鷹の再婚を五代への怒りだけで決められるわけ?
 その疑問に応える答えをみつけました。「山頂ベンチ」というサイトにあった「再読する人『めぞん一刻』案内」がそれです。以下このサイトの考察を参考にした私の見解です。

ここを普通に読むなら、三鷹は1週間後に答えを求めたプロポーズを響子にします。響子は五代に相談し結婚をとどまるように自分に言ってほしいのですが、お約束のすれ違いでかないません。答える日の前夜、五代の帰りを待つ響子は、一晩中遊び(ソープ等)朝がえりした五代に怒ります。怒った響子は三鷹のプロポーズを受けようとして待ち合わせの場所に行きますが、徹夜での待ち疲れから眠ってしまいます。この後、三鷹側の事情に翻弄されとまどいます。三鷹のマンションに見舞いに行った響子は、事故的に発生した響子と三鷹の抱き合うシーンを五代に目撃されます。五代は、響子は既にプロポーズを承諾したと勘違いし、誤解を解こうとする響子の話も聞かず、身を引きます。

でもこれ、先に結論を言えば、響子は三鷹のプロポーズを受けようとは本当はちっとも思ってません。作者が読者をそう思えるようにしてるだけです。けっこうトリック的な手法を使いながら。桜迷路
からの流れで、一見響子は五代から離れて行くように見えますが、大事なのは作中、一度として三鷹のプロポーズを受けると言葉として発したことはありません。周囲がかってに噂して勘違いしてゆくだけなのです。その証明は「閉じられた扉」での誤解を解こうとした響子と五代の「扉」ごしのズレた会話にあります。三鷹と婚約したと思いこんだ五代と、三鷹のプロポーズをかわし続けただけの響子だったからです。ただ、今回響子を悩ませたものは、三鷹がプロポーズの時に「NOだったら二度と響子の前に現れない」と言ったこと。まだ三鷹がいなくなるのは困るのです。この時の響子にとっては。おばさんに聞かれ、否定しなかったのは、この思いのせいですね。周囲の混乱に拍車をかけた原因の一つでしよう。
また、先で言ったように、三鷹と結婚をする前提での惣一郎への思いの対処を響子は一切していません。惣一郎さん出てきません。相談しようと思ったのは「五代」でいたから。つまり「大安仏滅」から11巻「閉じられた扉」までの間、惣一郎氏の登場はありません。そのようなことを踏まえて以下、原作の流れにそって解釈します。

解釈する前に前提として、響子はこれまで続けてきたぬるま湯の三角関係が大好きです。だから三鷹との友達つきあい(響子認識)は続けたいと思っています。(五代がこずえと付き合ってる限りは関係を維持したいと思っている)。あと、バイトと保育士学校とでこの時の五代は多忙でした。

犬が好き Part2 

「とっても好きだよ」  プロポーズの回答の日の翌日から
○響子−朝、玄関掃除、五代無視
○響子と五代風呂前にて遭遇−五代ソープに行ったこと謝る。 
 響子「そんなことで怒っているので はない」「もう いいんです 今さら なに言ったって ………  それじゃ」 
響子部屋に戻りつぶやく「早く帰ってくると言ったくせに 約束やぶった五代さんがいけない 今さらとりつくろったって知らないわよ……       
※ここでの、「今さら なに言ったって……    今さらとりつくろったって知らないわよ……」 
 の……部分は決して「三鷹さんと結婚するんだから」ではない、ただの余韻
私の気も知らないでと、普通に怒っているだけ。
○三鷹から電話−返事を後日改めて聞きたいと三鷹。
 響子−(脳内) 「ホット したような 肩すかしくったような」
           「結論がのびただけなんだから ホットするのも変だけど…」
※響子は昨日、回答する場所で寝込んでいたため、三鷹が不謹慎にも寝てる響子に怒って帰って、もしかしたら破談になったのかと思ってる。一方三鷹は、これなかったことに響子が怒っていると思っているので、返答はそのほとぼりがさめる後日とした。 ここでの一つめの「ホット」は寝込んだことが原因でないと分かったため、破談になってなかったからにかかっている。そして続く「ホットするのも変だけど…」だと、その「結論」が承諾では辻褄があわない。おかしい。その「結論」が拒否だから破談では無かったのに実質破談と同じことになるのだから「ホットするのも変だけど……」となるのだ。脳内セリフの「結論」にあてはまるのは「拒否」です。
○五代が吹き込んだ間違ったカセットテープ渡す−響子は三鷹のプロポーズのことを五代に何も伝えてないので、五代の行動を理解できない。 読者には、響子が五代に冷たく対応してるかのように感じさせる仕掛けですね。五代は、三鷹を選んだので無視されたと勘違いを起こさせる伏線。
■全体に響子が三鷹との結婚を止めていないとゆう雰囲気ですが。全く結婚を考えてないととらえると、いつもの一刻館の日常ですね。響子は五代に対して、いつもの対応をしてるだけ。

犬がきた
○テニス場で三鷹が止めるといった縁談が進んでることが噂になっている。
 そんな中で響子は、「正式にプロポーズされたんだろう。どうなってるのか」とおばさんから聞かれ、
脳内セリフ「どうなってるのか 私の方が聞きたいわよ。」「あれっきりうやむやになっちゃって」と
考えています。そして、見合いの条件がいいから自分を無視してそちらを進めてるのかと、疑りはじめます。
※ここは、いいかげんNOと言いたいのにを、念頭において読み進めると自然に読めます。
○テニススクールが終わって、三鷹との会話がありますが、ここも三鷹NOで読めばそのままですね。普通結婚YESだったら、この場面でそれなりの返答をします。
「縁談がうまくいってるなら  そういっていただいたほうが  私……」のあと
三鷹「…さびしいですね。もうあきらめる用意をなさってるのですか」
響子「そんな ……」
※「そんな」の後に続く言葉は「そんな…すでに承諾したようなことは言わないでください」ですね。
○このあと、危機感をもった雰囲気に敏感な三鷹は一刻館にきて
 「あなたのために 縁談を断る」と響子につげます。
 響子は悲しそうな顔で「そこまでされたら… 私、プロポーズを、受けないわけにはいかないわ……」と考えます。
※これで分かることは明白ですね。それまで響子は三鷹のプロポーズを受ける気は無かったとゆうこが。三鷹の見合いを断るかわりに結婚して同然の行いに、とまどっているだけの言葉です。三鷹のことを響子は「好き」と表現したことがありますが、これまでの流れから読むと友達として好き程度ですね。響子さんの心の容量は大きいでしようが、まだ惣一郎がそれなりに占めているでしようから、隙間ありません。では、追いつめられてるこの時点で本気で結婚のことを考えたのか。違います。身も心も。なぜ?響子は三鷹との関係性の維持を求めてる以上、縁談が破談することは基本歓迎なのです。そう望んでる自分をどこかで責任をとらねばならないと思っているはず。罪悪感の裏返しみたいな感じでしょうか。次第に断りずらくなっていくことに困惑しています。
実際は五代の方を結婚相手と暗に認めているからできるはずありません。

開かれた扉
○テニススクールに出てこない三鷹。あれだけの啖呵切ったのにと訝しむ響子。
「まさか ……」
「…にしても なんで 連絡してこないのかしら」
※「まさか」のあとに続く言葉は「縁談を受けたのかしら」ですね。
○明日菜の犬たちに攻められ寝込む三鷹からの響子への電話
 基本、三鷹との従来の関係を維持したい響子は食事の差し入れを約束。
明日の弁当の準備をしながら
 「玄関先で渡して帰ったほうがいいわね。 明日のところは。」
 「こんなふううにずるずる 返事のばして… 三鷹さんには悪いけど…」
※ここもどちらとも取れる書き方ですね。響子は友達関係を望んでますから、拒絶するよりはずるずる返事を先延ばししたほうがいいのですね。仮にOKならそのばですればよいですから。
○朝、一刻館の玄関を掃除する響子。バイトに行く五代は、住民たちから響子は三鷹のプロポーズを受けるつもりと、さんざん憶測を聞かされとまどっています。
 でも響子の態度は至って普段の姿ですね(周りは見えてませんが)。挨拶も普通に返すし。このとき五代に声をかけようとしますが、五代は足早に出かけて行きます。多分この時噂を否信用しちゃいけませんよと言うつもりだったでしょう。ただ、響子も、三鷹の騒動に巻き込まれる形で穏便に収集する方法を模索して、五代への気配りまで気がまわらなかった(当初の怒りもあって)のでしょう。プロポーズの返事の時から2ヶ月ぐらいの話ですかね。その間放置はきつい。
○三鷹の所に向かう電車で、このあと3コマに渡って脳内セリフが出てきます。
「あのようすじゃ 五代さん 知ってるのね 知らないふりをして 顔に書いてあるわ」
ここは、ここで切って考えます。単純にプロポーズを受けているとゆうことを五代が知っただろうとゆうことです。鈍いですね響子さん。そう思うならしっかりフォローしろと言いたいですね。
あれだけ当初は相談しようとしたことを、その後何も言わない響子さんの責任大きいですね。この後の五代と響子の一時的な離別の元凶はこの人ですね。一晩ぐらい泣いて当然か。
上記脳内セリフの次に
「あたしが 最初に…… 三鷹さんに返事を迫られ悩んでた時に 気づいてくれたら」
別枠で「きづいてくれたら…」 
ここも、上の「あのようすじゃ…」からを続けて読むと、プロポーズを受けようとしていると誤読しれしまいます。作者の罠です。
「きづいてくれたら…」に続くのは、わたしがこんなに悩まなくてすんだ。でしよう。プロポーズは拒絶してもぬるま湯の関係性は維持したい響子さんですから。
別枠で「五代さんのせい…?」
と自問します。こずえとの関係もありますから、あながち間違いではありません。
しかし、ここで三鷹のマンションに入りながら自問は続きます。
「やっぱり 今日… プロポーズの話が出るわね…」
「今までのこと 何もかも人のせいに…」「五代さんの せいに してた…」
「自分の 問題だって わかってたのに……」
自分の身勝手さに気づきます。響子さん、五代が相談に乗らなかったことへの怒り、少し引きずっていたのですね。
「五代さんのせい」五代とこずえの関係がありますから、バランス上しかたないかと想いますが。五代がこずえと付き合っているから、自分も三鷹と付き合っているとゆうのが響子の三鷹と付き合う理由でした。
しかしながら、やっと自分のこととして三鷹との関係性を考え始めたのでした。つまり、ぬるま湯関係の清算を考え始めたのです。もちろんプロポーズは受ける気0%皆無です。
五代くんがいますから。将来切ろうと考えてるのは三鷹です。
三鷹の部屋で迫られるも、響子さんはっきりしないで逃げますね。当面はまたうやむやにしたかったのでしようね。
このあと三鷹の部屋のトビラが開いて、疑似濡れ場を目撃され、あわてます。三鷹放置です。
三鷹との関係清算を考え始めた矢先のことですし。

閉じられた扉

事故現場を目撃された鷹響子さん。あわてます。本来プロポーズを受ける対象は
五代一人なのですから。三鷹のこと頭にありません。ただ、
ここでの響子さんの現状認識がすごいですね。問題は、三鷹のマンションでの誤解のみ。三鷹からのプロポーズを今までどうりかわし続けているだけ。認識はいまだこれまで続けてきた三角関係のぬるま湯。五代との関係は「桜迷路の頃」とちっとも変化なしと思っています。馬鹿ですね。
後で関係修復できましたが、この回で五代と響子は永遠に別れた可能性はありましたね。
一度は脳内で三鷹と結婚してやると考えた人の態度ではありません。やっぱり鈍い人です。

誤解を解こうとした、五代とのやりとりが噛み合わないこと。響子さん五代が言ってる意味をちっとも理解してないですね。おまけに「何とも思ってない」とまで言われガックリきてますね。始めに響子から三鷹のプロポーズを否定すれば、すんなり誤解もとけたでしょうから。そのことで五代が傷ついていること全く理解してませんでしたね。自分自身は、三鷹を受け入れるような行動をとっているとは思ってなかったのですから。誰にも一言も言ってませんからね。プロポーズOKなんて。

この認識こそ響子が100%今回三鷹のプロポーズを受ける気がなかった証明になりませんか。
つまり作者は、五代と響子の誤解のうえでの破局まで誘導してたのです。

その夜、惣一郎が出てくるくらいに重かったのでしょうこころの痛みは。でも、実際の失恋の痛みは徐々にきますから、子の時点ではまだそんなに痛くないはず。
結果的に温泉にて(蛇足ですが、傷心旅行から少なからず癒されて一刻館に帰ってきた響子は、管理人室に貼った旅行日程表が無かったので、五代が追ってきたと確信してますね。)

○あと、響子がプロポーズ返答場所で考える脳内セリフ

「結婚してやる」
「迷うことなかったのよ。 三鷹さんは…… 三鷹さんだったらきっと……」
あたしが悩んだら ほっとかない。  あたしだけを 見てくれる……」
「あんなアホの約束信じて…… 徹夜なんかするんじゃなかったわ……」

こう考えたのは五代へのあてつけで、あたまが一杯の状態だったからですね。
でも、あんなアホでも響子は結婚しようと思っています。少し冷静になれば分かるはずです。
上記4行の脳内セリフは、すべて五代に向かって出た寂しさからくるものです。
ですから、三鷹からのプロポーズの受諾は響子の脳内だけで、決して言葉では出てきませんでした。
仮に三鷹が普通にそこに来ても、答えは言ず、うやむやになるよう誘導したであろうことは言うまでもありません。今の関係を壊す気はなかったのですから。(三鷹のマンションの階段で、これまでの関係の精算に向けた考えを始め出しますが)
あと大事なこと。先にも書いたように、響子さんの中の惣一郎が出てこない内は響子さんの真剣になってません。五代との関わりではよく出るみたいですが。

以上、響子は10巻原作「大安仏滅」から11巻「閉じられた扉」まで五代一筋を貫きました。五代を放置して。

※ちなみにアニメ版は、よりわかりやすいですね。

[950] 無題 投稿者:モノーグ佐太郎 [近畿] 投稿日:2012/11/23(Fri) 02:09
日経新聞に「めぞん一刻」のラベルの付いたお酒が出るという記事が
出ていました。新潟県のふじの井酒造から出ます。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO48644430Q2A121C1L21000/

[949] 初めまして 投稿者: [関東] 投稿日:2012/09/01(Sat) 17:21
めぞん一刻って今、MXテレビで放送中ですね。たまに見ています。金曜日の7時30分からです。

[948] スロも3代目 投稿者:秘巧 [東海] 投稿日:2012/08/15(Wed) 11:04
7月にめぞん一刻のスロット3
作目「夏色の思い出」が出ま
した。

[947] めぞん一刻エンディングテーマ「シ・ネ・マ」の「ピカソ」ライブ開催! 投稿者:METRONOM Records [関東] 投稿日:2012/07/31(Tue) 20:35  Home
突然の書き込み、失礼いたします。
貴サイトに不適切な場合は、恐縮ですが削除お願い致します。

「シ・ネ・マ」「サヨナラの素描(デッサン)」「ビギン・ザ・ナイト」など、
めぞん一刻のエンディングテーマを手がけた「ピカソ」のライブが開催されます。
今回は、めぞん一刻「シ・ネ・マ」VS エルフェンリート主題歌「LILIUM」という事で、
めぞん一刻ファンの皆様には、是非応援をお願いいたします。
生シ・ネ・マで当時を懐かしんで下さい!!

◆MOKA☆PICA night 〜“LILIUM”vs“シ・ネ・マ”〜
2012年8月5日(日) 目黒 ブルース・アレイ・ジャパン
17:00 OPEN/1st stage MOKA☆ 18:30〜 2nd stage ピカソ 20:00〜
前売券:テーブル指定席 \4,000円 / 当日券は\500円UP

◎イベント詳細はこちらから
http://moka-song.com/event/0805/

[946] Re:オナペット 投稿者:好きじゃあ [北海道] 投稿日:2012/05/26(Sat) 05:21
>>彼女の性格を考えると特にそう感じる。

そうですか?管理人さんは性的なことを忌諱しているタイプではありませんよ?実際、五代君の部屋にエロ本が散らかっていても見事にスルーしてますし、五代祖母(ゆかり)が「教えてやってくれんかね」という悪質な冗談を言っても結構受け流してますし。

華奢なのでそういう先入観をもたれているだけでは。


四谷さんがオナペットにしている〜って言ったときに管理人さんは複雑な表情をしていますが、あれは単に他人に聞こえるようにそんなことを言われたからであって、五代君が自分をオナペットにして不愉快という意味ではないかと。五代君が性的な興味が旺盛であり、自分に好意を寄せていることを知っていることから、オナペットにしているという事実もさほど驚くべきことではなかったかと。

[945] オナペット 投稿者:豆蔵 [九州] 投稿日:2012/05/21(Mon) 21:09
管理人さんは自分がオナペットにされていると知ったのに五代君と普通に接していて少し違和感がある。
彼女の性格を考えると特にそう感じる。
対象が他の女性ではなく自分だったので許せたのだろうか?

[944] 既出かもしれませんが 投稿者:しゅう一郎 [関東] 投稿日:2012/03/06(Tue) 03:55
原作の「配達された一枚の葉書」で葉書に郵便番号が書かれており、高校生時代の響子さんの実家が164で中野区、惣一郎さんが167で杉並区ということが判明しました。

また、「春の墓」でお墓参り、音無家で雑談の後に電車に乗り込む両親をホームで響子さんが見送っている描写から
時計坂駅⇔音無家最寄駅⇔千草家最寄駅
という位置関係にあるのかと

また、どこの描写でも音無家に行く時も千草家に行く時も車等を利用してないので駅から近い位置にあると思われる。
この時、時計坂駅は中央線ではないと「一刻館の思いで」で言われてるのでそれ以外では
西武池袋線
西武新宿線
があげられるが、西武池袋線は杉並区のそばを通らないので外される
となると西武新宿線なのだろうか。

追記
各駅が違う線というのは考えがたい
なぜなら電車で行くよりタクシーのほうがほぼほぼ近いであろうからだ。

[943] ぱちんこも2代目 投稿者:秘巧 [東海] 投稿日:2012/03/02(Fri) 01:22
今年になってめぞん一刻ぱちんこ2代目が出ました。
正式にはタイトルがめぞん一刻桜の下で。1と違い大当たりは右打ちです。ミドルスペックと甘スペックとあります。でも人気も今一で以外にホールにはないとこやあって少数しか置いてないのが残念です。今回は鬼門です。

[942] ガン消しビックリマン等の買取サイト 投稿者:買取コレクター [北海道] 投稿日:2011/11/06(Sun) 23:12  Home
☆★☆テレビでも紹介された安心&信頼の買取サイトです!☆★☆
皆さんの押入れに眠っている、ガン消し、キン消し、ビックリマンなどのシール類、
カードダス、プロ野球カードなどのトレカ、フィギュア、
ミニカー、怪獣系ソフビフィギュア、超合金等々
を高値で買取させて頂けませんでしょうか?
おもちゃ類であれば何でも買取しておりますので、是非お問い合わせ下さい!
ショップではなく、完全に個人収集を目的としており、商売目的ではない買取の為、
買取価格は普通の買取サイト、リサイクルショップなどの約3倍程度で買取させて頂きます。
(もちろん査定は無料です!)
持っていてもしょうがない、でも捨てるのは勿体ないと思っている方、
詳しくはHPが御座いますので、是非お越し下さい♪

| 1| 2| 3| 4| 5|
No 削除キー

- G-LIGHT - Modified by isso