137816
紅楼夢掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

紅楼夢の音楽 投稿者:クララ 投稿日:2005/03/14(Mon) 12:10 No.533  
 最近、「女子十二楽坊」という金陵十二釵を模して十二人の女性が伝統楽器を使用しての現代音楽を展開したことによって、日本においても中国の楽器、音楽が一般的に受け入れられてきましたが、日本における紅楼夢に関係する音楽の状況はどうなのでしょうか?
 私が知る限りでは、中国筝の伍芳さんと二胡の陳敏さんのCDのなかに「紅楼夢」というタイトルを見つけました。
 編曲されていたこともありはじめはわからなかったのですが(というか気づかない自分の音感のなさに驚きです…)、どちらも中央電視台のドラマのテーマ曲(王立平作曲)を演奏されていました。
 「紅楼夢」は有名な作品なので、中国では各種の芸能にとりいれられ、おそらくいろいろな音楽が作曲されていると思うのですが、今一般的に「紅楼夢の曲」というとやはりドラマのテーマ曲になるのでしょうか?陳敏さんのコンサートに昨年の6月にいったのですが、その時のMCでいかにも伝統的に伝わる音楽のような説明をなさっていましたが…。
 ちょっと気になっています。
 




Re: 紅楼夢の音楽 (紅迷)れに - 2005/03/20(Sun) 02:20 No.536  

初めまして。

実は、去年の夏に中国西北部3000キロタクシー旅行というのに行ってきたのですが、そのとき立ち寄った内モンゴル、フフホト市南にある王昭君のお墓で、「紅楼夢」の主題曲を耳にしました。
それが、なんと、唐代の楽曲として編鐘や磬、簫などを使って演奏されていました。
その時、「紅楼夢」のテーマ曲がと、唐代の曲‥‥‥‥???
って、思ったのでしたが‥‥

これはいったいどういうことなんでしょうね。



紅楼夢の音楽2 クララ - 2005/03/28(Mon) 11:26 No.538  

(紅迷)れにさま
お返事ありがとうございます。
「中国西北部3000キロタクシー旅行」というのは壮大ですね。またご訪問先も「内モンゴル、フフホト市南にある王昭君のお墓」とのこと。私も機会があれば是非訪れたいなと考えているところですので、大変興味深く感じております。また王昭君のスタイルを王き鳳さんがお召しになっていることもありますし。
さて、お教えいただきました紅楼夢の音楽ですが、「唐代の楽曲として編鐘や磬、簫などを使って演奏されていました。」とのこと。「編鐘」というのは鐘をいくつも連ねたものを二人の人間が奏でるあの楽器ですよね。4年ほど前に長江くだりの旅行にいったことがあるのですが、その時武漢の博物館でみました。私は展示してあるものしかみれなかったので、その音色をしかも「紅楼夢」の曲でお聞きになったというのはすばらしいです。
しかし、やはり「紅楼夢の曲」といえばドラマのテーマ曲なのでしょうか?どの国もそうなのかもしれませんが、テレビの力というのはすごいですね。






神ブラ(神田散策)報告 投稿者:かさはら 投稿日:2005/03/13(Sun) 01:03 No.531   HomePage
約1ヶ月ぶりの神ブラ。
まず、山本書店へ。「月刊しにか」のバックナンバーが1点500円であり。
その中には、「特集 紅楼夢の世界」が掲載されている92年1月号もあり。
さらに、「紅楼夢語言詞典」(商務印書館)も発見。邦貨にして4,200円
と安いとは言えませんが、もとの値段は65元。この界隈では、1元60円
のレートになっているようなので、邦貨にするとそれくらいになってしまい
ますね。内山書店にも東方書店にもなかったので、「月刊しにか」とあわせて
購入することに。中国では、白話小説の辞典について作品ごとに出されて
いますが、種類が一番多いのは「金瓶梅」のように思われます。それだけ
ネイティブの人にとっても読みにくい作品ということなのでしょうか。
「紅楼夢語言詞典」については、引用文の後に、(七六・1881)などと
一々記されています。前者の漢数字は回数なのでしょうが、後者の方は
底本のページ数ということでしょうか。この底本はどこから出版されたもの
かについては、前文に記されているのでしょうが、私はまだ中国語がよく
わからないので、あたりをつけることすらできません。
どなたか、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示願います。

次、中華書店へ。同店の目玉はポイントカードを発行していること。
500円の買物ごとにスタンプ1個、スタンプが20個たまると
(つまり1万円分の買物をすると)、千円の買物ができるとか。
まるでブック○フのようなサービスですが、東方書店にも内山書店
にもない、客にやさしい、そしてうれしいサービスです。

白山通り沿いの、光儒堂(海風書店)へ。中国人のご夫婦が切り盛り
されていました。店内は、中文書の他に中国茶なんかも置いてあったり
して、中国物産店のようなおもむき。
ご主人に、白話小説の語彙をまんべんなく収録した辞書はないのですか?、
と尋ねたところ、白話小説ったって山ほどあるんだから、そんな辞書
作りようがないよ、紅楼夢専用の辞書なんかだったらあるけど、
と一喝されてしまいました。言われてみれば確かにそうですね。

最後に東方書店へ。取り寄せをお願いしておいた
「チャイナラブストーリー 司棋と又安」(駿河台出版社)
を購入(1,575円)。各ページの上半分はイラスト、
下半分はピンインが付記された本文と語釈。
別売りテープ(60分/2,100円)もあるとのことなので、
出版元に在庫の有無を確認して下さるようお願いしました。

以上、乱文失礼いたしました。



はじめまして 投稿者:クララ 投稿日:2005/03/11(Fri) 12:23 No.529  
 はじめまして。大学の中国語の授業で中央電視台?制作のドラマをみたことがきっかけでこちらのHPを知ることとなりました。大変詳しくて本当に楽しく拝見させていただいております。
 さて、中国語のレベルは初級なのですが、ぜひ原作を読んでみたいと思っております。かさはら様のご質問に対しての皆様の回答から私も白話文を読むことに挑戦してみようと思うのですが、なかなか入手が困難な書籍があるようで、どうしたらよいものかと思案しております。
 原文をとにかく見ようと考え、幸田露伴訳の国訳漢文大系を見ながら平凡社の訳を見ているのですが、勉学の方法としては今ひとつかと思っております。
 もしご存知であれば、日本で出版、そして手に入りやすい白話文を学ぶ教科書のようなものがありましたらお教えいただけますでしょうか?よろしくお願い申し上げます。
 勉強で使用している辞書は主に小学館の『中日辞典』と(図書館でうんとこせっと棚から取り出す)角川書店の『中国語大辞典』です。

 紅楼夢との最初の出会いは岩波文庫版です。しかし、王きほう(漢字が難しいのでご容赦を)さんのあまりの金勘定の凄まじさに圧倒され、恥ずかしながら途中で挫折した経験があります。このたび、授業を通しドラマを見たことで平凡社の伊藤先生版で完読しました。つらいことに授業は中国語字幕でみていたからです。宝玉さんがいう「林妹妹」と湘雲さんとかがいう「二哥哥」ぐらいが聞き取れる程度(笑)テストの結果は4月にわかりますが、さてさて単位取れてるのでしょうか?
 普段は日本文学専攻者ですので、伊勢物語や源氏物語とかを学んでおります。以前から言われておりますが、日本の古典文学と紅楼夢は雰囲気がたいへん似ていると思います。少し長編という点で多くの人が読むことを敬遠するのかもしれませんが、そういったら源氏も、ですからね。いろんな方が紅楼夢にも注目してくれればなと考えています。
 いろいろ書きこんでしまい申し訳ありません。掲示板初書き込みなのです。結構勇気いります!粗相がありましたらご指摘ください。
 あっ、紅楼夢で一番好きな人物は「晴雯」さんです。宝玉さんに詩をささげてもらえるからです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

 



Re: はじめまして かさはら - 2005/03/12(Sat) 01:08 No.530   HomePage

クララ様、はじめましてです。
同好の士が増えて、嬉しい限りです。

幸田露伴訳の国訳漢文大系と言えば、かの松枝茂夫先生も一読したとか。
さらに幸田露伴は、水滸伝の邦訳にも手がけていますね。
見習いたいものです。

白話小説の入門書についてですが、
東方書店からの、
名作シリーズ(ピンイン・注釈付き/ただし、邦訳はなし)の
「中国古典白話小説選」がありました。
水滸伝、紅楼夢(薫玉葬花)、そして、三国志の抜粋が掲載されています。
「ありました」というのは、東方書店に1冊だけ在庫があったのを
私が買ってしまったからです。ごめんなさい。

それに代わるものとして、燈影舎からの
「漢日対照 中国古代小説名作選 水滸伝・老残遊記・鏡花縁」
(田中 秀/2,940円)
を紹介させていただきます。こちらについては邦訳も掲載されており、
今なら送料無料のようです。
ご参考までに。

今後ともよろしくお願いいたします。



Re: はじめまして クララ - 2005/03/14(Mon) 11:40 No.532  

かさはら様
お返事ありがとうございます。
早速お教えいただきました書籍を探しました。やはり「中国古典白話小説選」は在庫なしでした。なかなか手に入りにくいもののようですね。
一方、「漢日対照 中国古代小説名作選 水滸伝・老残遊記・鏡花縁」は手に入ることがわかりましたので、早速注文しようかと考えています。
 テキストをうまく使いこなせるか心配ですが、一歩前進です。
これからたくさんわからないことがでてくるかと思います。またいろいろとよろしくお願い申し上げます。

 



白話小説を読むぞー! クララ - 2005/03/28(Mon) 11:30 No.539  

「漢日対照 中国古代小説名作選」を見る前に、図書館で同じ著者の「田中秀」氏の「漢文から中国語への道」というのを借りてただいまよんでおります。ほんの少しだけですが、紅楼夢の解説もありました。


それにひきかえ私の方は・・・ かさはら - 2005/03/30(Wed) 21:30 No.540   HomePage

普通話を勉強をはじめようかな、と思っていた矢先に4月から
配属先変更(転勤)。
片道1時間半かかるので、電車の中で勉強するしかないのかな、
と考えております。
クララ様、差し支えなければ、今後の学習・読書経過を教えてくださいね。



がんばりましょう! クララ - 2005/04/04(Mon) 13:41 No.541  

かさはら様
4月からの転勤、お仕事お忙しい中、学問をされることすばらしいです。
電車に乗っている時間というのは意外と語学の勉強にいいように感じています。CDは重いのでMDに変えて最近毎日初級の教科書のテープを聞いています。
聞き取れなかったものは少しメモをして、後で確認しています。ヒアリング力はなかなかあがりにくいもののようですが、これをはじめる前よりはずいぶんよくなりました。「非常」とか「買東西」とかやたら口ずさんでいます。
白話が読めるよう一緒にがんばりましょう!
よろしくお願いいたしますー。



はじめまして。 投稿者: 投稿日:2005/02/23(Wed) 11:10 No.526   HomePage
はじめまして。
司徒と申します。
宜しくお願いします。



漫画紅楼夢の続き 投稿者:ほーめい 投稿日:2005/02/20(Sun) 21:59 No.525   HomePage
中文サイト「新浪網」を覗いてみたら、漫画紅楼夢の続きを発見しました。このまま全巻の冒頭を公開し続けていくのでしょうか。はて。興味のある方は除いて見てください。第二巻(上)の表紙は秦可卿で、確かに露出度は高めですが、このことか????

http://comic.sina.com.cn/m/2005-01-28/41125.shtml  第一巻 上 50ページ

http://comic.sina.com.cn/m/2005-02-03/41900.shtml 第一巻 下 49ページ

http://comic.sina.com.cn/m/2005-02-08/42575.shtml 第二巻 上 40ページ



神田界隈のことで 投稿者:かさはら 投稿日:2005/02/06(Sun) 22:33 No.522  
昨日5日、神田の中華書店に初めて行って参りました。
商品はなかなかの充実ぶりで、東方・内山にもないものが
結構ありました。1月一杯までセールが開催されていたようで、
もっと早く行くべきだったと後悔。
神田では、他に海風書店や亜東書店も、近々制覇したいと思います。

内山書店ですが、2階に、中国社会科学出版社刊の
「水滸伝」「紅楼夢」「三国志」「西遊記」の「青少」版
が平積み扱いでありました。「水滸伝」は120回もの。
29.80元で邦貨1,880円。各2分冊で箱入り。
脚注も付いているので、その内買い揃えようかと思っています。
「金瓶梅」は除外されていますが、内容的に、文体的に、
「青少」向きではないからでしょうか。



張愛玲氏の記事 投稿者:かさはら 投稿日:2005/02/02(Wed) 22:52 No.518  
2日付の読売新聞日刊の第6面に、
「中国プチブル、恋愛小説ブーム」という記事が掲載されていました。
女流作家・張愛玲氏(1920~1995)の作品が中国都市部で
人気を呼んでいるとか。
同氏は、何と8歳で紅楼夢などを読みこなしていたとか。

中国現代文学の邦訳は、魯迅や老舎などをのぞいて、どうして悲しく
なるほど少ないのでしょう。



おせっかいついでに ほーめい - 2005/02/05(Sat) 13:59 No.519   HomePage

 張愛玲は李鴻章の曾孫にあたり、現代の曹雪芹といわれている人物で、紅楼夢に関する著作もあります。私も伝記と「紅楼夢魇」を持っていますが、台湾で買った繁体字の物で読むのが面倒でほったらかしです。(^^;  

 中国文学の翻訳本が少ないのは、売れないからです。翻訳本の出版を待つより、中国語を勉強して自分で読む方が早くて楽しいですよ。



無題 Earth - 2005/02/05(Sat) 16:53 No.520  

中国文学の翻訳が少ないってのは本当に感じますね。でも、今は英仏独3語を除けばどれも少ないけど、そのうち電子化されて自動翻訳が楽になったら、あとは細かいチェックだけで済むから、翻訳が増えるのでは無いかと期待しています。



他の可能性を模索すると ほーめい - 2005/02/06(Sun) 16:49 No.521   HomePage

翻訳料と著作権料以外のコストを大幅に削減して、ネット配信するか、ですか???または翻訳家が出来高(配信量)のみで翻訳するとか。だったら出来るかな?(ほとんどボランティア?)なんか考えられそうですね。翻訳機の性能がアップするのを待つ?う~ん。


漫画紅楼夢を見つけたのですが 投稿者:ほーめい 投稿日:2005/02/01(Tue) 23:38 No.516   HomePage
たまたま紅楼夢の漫画を新浪網で見つけました。50ページ公開されていて、これが噂の露出度の高い、あの漫画のことかどうかは不明。

http://comic.sina.com.cn/m/2005-01-28/41125.shtml




ネット通販(上海書城のケース) 投稿者:かさはら 投稿日:2005/01/31(Mon) 23:16 No.514  
この掲示板には、主に白話小説全般のことや、中国語学習のことに
ついて書き込ませてもらうつもりでいましたが、
今回はネット通販のことで。

「上海書城」で検索したところ、その外見はまさに「城」。
上海に行けるようなことがあれば、連日入り浸っていたいものです。
大量の中文書籍を購入する場合、神田の内山書店や東方書店を利用する
のと、現地の書店に行くのとどちらが経済的なのでしょうか。
後者の場合、旅費や宿泊費がかかるから、それほど差はないということ
でしょうか。
が、現地に行くことはすぐには実現できそうにもないので、ネット通販。

で、「図書捜索」欄に、例えば、水滸伝や紅楼夢といった、
メジャーな白話小説のタイトルを入力してみましたが、
「該当商品はありません」といった感じのメッセージが出てきました。

やはり簡体字で入力をしないといけないのか。
首尾よく欲しい商品が見つかって注文する場合はどこをクリック
すればいいのか。
代金の支払い方法はどうすればいいのか(どういうやりかたなのか。
そもそも金額の前に¥という記号がついているが、単位は人民元で
いいのか)。
英語の説明文が付記されていれば、少しは分かると思うのですが。
さらに、海外のネット通販で気を付けるべきことは何か。

中国語はもちろん、ネット通販の素人でもある私に、
できればご自身の体験談をまじえて、よきアドバイスをお願いいたします。



Re: ネット通販(上海書城のケース) ほーめい - 2005/02/01(Tue) 22:06 No.515   HomePage

 かさはら様

 上海書城の場合、トップページに購書指南と言うのがあって、クリックすると買い物の仕方が載っています。入力は勿論簡体字。でも中国語の読めない人が中国語のサイトから買い物をしようと言うのは無謀です。日本のサイトでも中国書籍は安価で買えて、愛用している人も多いので、そこを覗いて見ては如何でしょう。有名なのは「書虫」です。検索も出来るし便利ですよ。こちらのリンク集でも紹介されています。また「電子図書館」「逸海書城」では中国書籍を原文で無料公開しているので、そこから始めて見ては如何ですか?


書虫  http://www.frelax.com/sc/

電子図書館 http://www.jledu.com.cn/book/

逸海書城  http://www.easysea.com/



Re: ネット通販(上海書城のケース) かさはら - 2005/02/01(Tue) 23:48 No.517  

ほーめい様
いつもありがとうございます。

確かに私は無知で無謀でした。
紹介していただいたサイトで研究してみたいと思います。
(失礼ながら、書虫で扱っている中国書籍の邦貨は、東方書店や
内山書店と大差がないような・・・)

また何かありましたら、この掲示板に書き込みたいと思いますので、
その節はよろしくお願いいたします。



中国に行けたら 投稿者:かさはら 投稿日:2005/01/29(Sat) 02:14 No.509  
ほーめい様、いつもありがとうございます。

岩波の辞書というと、倉石先生による、ローマ字排列のものでしょうか。
上野恵司先生の「新版 中国ことばの旅」(白帝社)では、
「老舎のように、北京語を自在に操る作家の作品を読むには、大変な威力
を発揮しますが、魯迅や毛沢東のように、北京語によらない書き手の文章を
読むには、ほとんどといってよいほど無力であります」
と評されています。
「中国語はおもしろい」(講談社現代新書)の著者・新井一二三先生は、
同辞書を愛用されていたとか。
中日辞典については、小学館・講談社・白水社・光生館などからでているもの
なら、それほどハズレはないということでしょうか。

私はパスポートは持っておりません。ということは当然海外旅行の経験も
ありません。もし中国に行けたら、当地の書店で、白話小説の原書、
語学参考書、そして辞書を買い漁りたいものです。
私が列挙したジャンルが充実している書店をご存じでしょうか?
「地○の歩き方」等のガイドブックを眺めても、この手の情報は
なかなか見当たりませんので・・・。
あ、中国に行って買物をしたのなら、中国語を読めるだけではなく、
会話もできるようにならないといけませんね。




はじめまして  - 2005/01/29(Sat) 10:16 No.510   HomePage

はじめまして。頁主の平山です。
眠っていた掲示板を活気づかせていただき有難うございます(^^)

中日辞典は昔に比べると種類も豊富になりましたが(私が学生の頃は殆ど
選択の余地がなかったです)、ほーめいさんの言われているようにまずは
手頃なもので十分だと思います。中文を読んでいる上でちょっとした
調べものをするなら詳細な辞書は必要ありませんし、ネットでも事足りますから。
物足りなくなった時点で買い足せばよろしいかと。

次に、中国の書店ではどこでも日本の専門店並の中文書籍が並んでいますから
「充実」度については心配いりません。中国のどこに行かれるのかによりますが、
北京や上海には超大型書店も増えてきました(「○球の歩き方」にも載っています)
のでこちらでどうぞ。
書籍を買い漁るのは楽しいのですが、持って帰ってくるのが大変です(^^;
長期滞在なら片っ端から船便で送る手もありますが、めぼしいものはネット販売を
利用されて現地ではお宝探しに走るのも一計かと



Re: 中国に行けたら ほーめい - 2005/01/29(Sat) 22:27 No.511   HomePage

平山さん お久しぶり(?)ですね。

 本当に中国の最近の大型書店は凄いですよね。私がお薦めなのは上海福州路の上海書城の反対側の近くにある古籍書店で、紅楼夢に関しては上海書城より豊富です。大きな書店ではありませんから、古典文学に関しては探し易いですよ。

 確かに今ではネットで中国の書店から直接買うことも出来るし、日本でも幾つもサイトがありますが、私はネットで探して現地で買ったり、現地で買えなかったものをネットで買うとか併用してます。でも中国元の安い今のうちだけ???



chinese Earth - 2005/01/30(Sun) 02:37 No.512  

かさはら様

はじめまして。中国古典ファンながら、中国語は全く理解できない者です。中国語の音を理解できたら確かに漢詩などはもっと気持ち良く読めるだろうなあとは思いつつも、漢字を読めるだけで満足しております。語学の苦手な私は、歴史知識で補うようにしています。聊斎志異など、特に故事をふんだんに使う傾向が強いですが(柴田天馬訳の本なぞ、本文より開設の方が長いくらいです)、言葉の遊びの多い紅楼夢でも役に立ちます。あと、会話はともかく漢文を読めれば、要所要所の言葉の遊びは楽しめますが、悲しいかな、翻訳にそういう気遣いのあるものが無いのが残念です。言葉の遊びの所だけ原文併記の本が出ると有難いのですが。



Re: 中国に行けたら かさはら - 2005/01/30(Sun) 04:10 No.513  

平山様、ほーめい様、Earth様、
皆さん、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

実は昨日、台湾出身の女性に会う機会がありまして、
「中国近世小説への招待」(NHKライブラリー)の
14頁に出てくる「紅楼夢」の一節を音読してもらい、
かつ、語句の解説をしてもらいました。
早く原書で読めるようになりたいものです。
「水滸伝」についてですが、本場中国では100回もの
が一番流布しているとか。

「地○の歩き方」、もう一度よく中身を確認してみたい
と思います。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso
UTF-8 Edit by BJKORO.NET