081686
紅楼夢掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール メールアドレスは入力禁止
タイトル
コメント
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

神田界隈のことで 投稿者:かさはら 投稿日:2005/02/06(Sun) 22:33 No.522  
昨日5日、神田の中華書店に初めて行って参りました。
商品はなかなかの充実ぶりで、東方・内山にもないものが
結構ありました。1月一杯までセールが開催されていたようで、
もっと早く行くべきだったと後悔。
神田では、他に海風書店や亜東書店も、近々制覇したいと思います。

内山書店ですが、2階に、中国社会科学出版社刊の
「水滸伝」「紅楼夢」「三国志」「西遊記」の「青少」版
が平積み扱いでありました。「水滸伝」は120回もの。
29.80元で邦貨1,880円。各2分冊で箱入り。
脚注も付いているので、その内買い揃えようかと思っています。
「金瓶梅」は除外されていますが、内容的に、文体的に、
「青少」向きではないからでしょうか。



張愛玲氏の記事 投稿者:かさはら 投稿日:2005/02/02(Wed) 22:52 No.518  
2日付の読売新聞日刊の第6面に、
「中国プチブル、恋愛小説ブーム」という記事が掲載されていました。
女流作家・張愛玲氏(1920~1995)の作品が中国都市部で
人気を呼んでいるとか。
同氏は、何と8歳で紅楼夢などを読みこなしていたとか。

中国現代文学の邦訳は、魯迅や老舎などをのぞいて、どうして悲しく
なるほど少ないのでしょう。



おせっかいついでに ほーめい - 2005/02/05(Sat) 13:59 No.519   HomePage

 張愛玲は李鴻章の曾孫にあたり、現代の曹雪芹といわれている人物で、紅楼夢に関する著作もあります。私も伝記と「紅楼夢魇」を持っていますが、台湾で買った繁体字の物で読むのが面倒でほったらかしです。(^^;  

 中国文学の翻訳本が少ないのは、売れないからです。翻訳本の出版を待つより、中国語を勉強して自分で読む方が早くて楽しいですよ。



無題 Earth - 2005/02/05(Sat) 16:53 No.520  

中国文学の翻訳が少ないってのは本当に感じますね。でも、今は英仏独3語を除けばどれも少ないけど、そのうち電子化されて自動翻訳が楽になったら、あとは細かいチェックだけで済むから、翻訳が増えるのでは無いかと期待しています。



他の可能性を模索すると ほーめい - 2005/02/06(Sun) 16:49 No.521   HomePage

翻訳料と著作権料以外のコストを大幅に削減して、ネット配信するか、ですか???または翻訳家が出来高(配信量)のみで翻訳するとか。だったら出来るかな?(ほとんどボランティア?)なんか考えられそうですね。翻訳機の性能がアップするのを待つ?う~ん。


漫画紅楼夢を見つけたのですが 投稿者:ほーめい 投稿日:2005/02/01(Tue) 23:38 No.516   HomePage
たまたま紅楼夢の漫画を新浪網で見つけました。50ページ公開されていて、これが噂の露出度の高い、あの漫画のことかどうかは不明。

http://comic.sina.com.cn/m/2005-01-28/41125.shtml




ネット通販(上海書城のケース) 投稿者:かさはら 投稿日:2005/01/31(Mon) 23:16 No.514  
この掲示板には、主に白話小説全般のことや、中国語学習のことに
ついて書き込ませてもらうつもりでいましたが、
今回はネット通販のことで。

「上海書城」で検索したところ、その外見はまさに「城」。
上海に行けるようなことがあれば、連日入り浸っていたいものです。
大量の中文書籍を購入する場合、神田の内山書店や東方書店を利用する
のと、現地の書店に行くのとどちらが経済的なのでしょうか。
後者の場合、旅費や宿泊費がかかるから、それほど差はないということ
でしょうか。
が、現地に行くことはすぐには実現できそうにもないので、ネット通販。

で、「図書捜索」欄に、例えば、水滸伝や紅楼夢といった、
メジャーな白話小説のタイトルを入力してみましたが、
「該当商品はありません」といった感じのメッセージが出てきました。

やはり簡体字で入力をしないといけないのか。
首尾よく欲しい商品が見つかって注文する場合はどこをクリック
すればいいのか。
代金の支払い方法はどうすればいいのか(どういうやりかたなのか。
そもそも金額の前に¥という記号がついているが、単位は人民元で
いいのか)。
英語の説明文が付記されていれば、少しは分かると思うのですが。
さらに、海外のネット通販で気を付けるべきことは何か。

中国語はもちろん、ネット通販の素人でもある私に、
できればご自身の体験談をまじえて、よきアドバイスをお願いいたします。



Re: ネット通販(上海書城のケース) ほーめい - 2005/02/01(Tue) 22:06 No.515   HomePage

 かさはら様

 上海書城の場合、トップページに購書指南と言うのがあって、クリックすると買い物の仕方が載っています。入力は勿論簡体字。でも中国語の読めない人が中国語のサイトから買い物をしようと言うのは無謀です。日本のサイトでも中国書籍は安価で買えて、愛用している人も多いので、そこを覗いて見ては如何でしょう。有名なのは「書虫」です。検索も出来るし便利ですよ。こちらのリンク集でも紹介されています。また「電子図書館」「逸海書城」では中国書籍を原文で無料公開しているので、そこから始めて見ては如何ですか?


書虫  http://www.frelax.com/sc/

電子図書館 http://www.jledu.com.cn/book/

逸海書城  http://www.easysea.com/



Re: ネット通販(上海書城のケース) かさはら - 2005/02/01(Tue) 23:48 No.517  

ほーめい様
いつもありがとうございます。

確かに私は無知で無謀でした。
紹介していただいたサイトで研究してみたいと思います。
(失礼ながら、書虫で扱っている中国書籍の邦貨は、東方書店や
内山書店と大差がないような・・・)

また何かありましたら、この掲示板に書き込みたいと思いますので、
その節はよろしくお願いいたします。



中国に行けたら 投稿者:かさはら 投稿日:2005/01/29(Sat) 02:14 No.509  
ほーめい様、いつもありがとうございます。

岩波の辞書というと、倉石先生による、ローマ字排列のものでしょうか。
上野恵司先生の「新版 中国ことばの旅」(白帝社)では、
「老舎のように、北京語を自在に操る作家の作品を読むには、大変な威力
を発揮しますが、魯迅や毛沢東のように、北京語によらない書き手の文章を
読むには、ほとんどといってよいほど無力であります」
と評されています。
「中国語はおもしろい」(講談社現代新書)の著者・新井一二三先生は、
同辞書を愛用されていたとか。
中日辞典については、小学館・講談社・白水社・光生館などからでているもの
なら、それほどハズレはないということでしょうか。

私はパスポートは持っておりません。ということは当然海外旅行の経験も
ありません。もし中国に行けたら、当地の書店で、白話小説の原書、
語学参考書、そして辞書を買い漁りたいものです。
私が列挙したジャンルが充実している書店をご存じでしょうか?
「地○の歩き方」等のガイドブックを眺めても、この手の情報は
なかなか見当たりませんので・・・。
あ、中国に行って買物をしたのなら、中国語を読めるだけではなく、
会話もできるようにならないといけませんね。




はじめまして  - 2005/01/29(Sat) 10:16 No.510   HomePage

はじめまして。頁主の平山です。
眠っていた掲示板を活気づかせていただき有難うございます(^^)

中日辞典は昔に比べると種類も豊富になりましたが(私が学生の頃は殆ど
選択の余地がなかったです)、ほーめいさんの言われているようにまずは
手頃なもので十分だと思います。中文を読んでいる上でちょっとした
調べものをするなら詳細な辞書は必要ありませんし、ネットでも事足りますから。
物足りなくなった時点で買い足せばよろしいかと。

次に、中国の書店ではどこでも日本の専門店並の中文書籍が並んでいますから
「充実」度については心配いりません。中国のどこに行かれるのかによりますが、
北京や上海には超大型書店も増えてきました(「○球の歩き方」にも載っています)
のでこちらでどうぞ。
書籍を買い漁るのは楽しいのですが、持って帰ってくるのが大変です(^^;
長期滞在なら片っ端から船便で送る手もありますが、めぼしいものはネット販売を
利用されて現地ではお宝探しに走るのも一計かと



Re: 中国に行けたら ほーめい - 2005/01/29(Sat) 22:27 No.511   HomePage

平山さん お久しぶり(?)ですね。

 本当に中国の最近の大型書店は凄いですよね。私がお薦めなのは上海福州路の上海書城の反対側の近くにある古籍書店で、紅楼夢に関しては上海書城より豊富です。大きな書店ではありませんから、古典文学に関しては探し易いですよ。

 確かに今ではネットで中国の書店から直接買うことも出来るし、日本でも幾つもサイトがありますが、私はネットで探して現地で買ったり、現地で買えなかったものをネットで買うとか併用してます。でも中国元の安い今のうちだけ???



chinese Earth - 2005/01/30(Sun) 02:37 No.512  

かさはら様

はじめまして。中国古典ファンながら、中国語は全く理解できない者です。中国語の音を理解できたら確かに漢詩などはもっと気持ち良く読めるだろうなあとは思いつつも、漢字を読めるだけで満足しております。語学の苦手な私は、歴史知識で補うようにしています。聊斎志異など、特に故事をふんだんに使う傾向が強いですが(柴田天馬訳の本なぞ、本文より開設の方が長いくらいです)、言葉の遊びの多い紅楼夢でも役に立ちます。あと、会話はともかく漢文を読めれば、要所要所の言葉の遊びは楽しめますが、悲しいかな、翻訳にそういう気遣いのあるものが無いのが残念です。言葉の遊びの所だけ原文併記の本が出ると有難いのですが。



Re: 中国に行けたら かさはら - 2005/01/30(Sun) 04:10 No.513  

平山様、ほーめい様、Earth様、
皆さん、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

実は昨日、台湾出身の女性に会う機会がありまして、
「中国近世小説への招待」(NHKライブラリー)の
14頁に出てくる「紅楼夢」の一節を音読してもらい、
かつ、語句の解説をしてもらいました。
早く原書で読めるようになりたいものです。
「水滸伝」についてですが、本場中国では100回もの
が一番流布しているとか。

「地○の歩き方」、もう一度よく中身を確認してみたい
と思います。



中国語の学習方法について 投稿者:かさはら 投稿日:2005/01/27(Thu) 23:36 No.506  
ほーめい様ありがとうございます。

ついでに差し支えなければ教えていただたいのですが、
どのような参考書や辞書を使用して中国語を勉強されたのでしょうか。
そして、どのくらいの期間勉強した後に、辞書をひきながら白話小説の
原書を読んで「泣き笑い」ができるようになったのでしょうか。

私は学生時代にフランス語を専攻し、他に、ドイツ語、アラビア語、
ロシア語などをかじりましたが、アジア系諸語についての学習経験
がありません。
中国語は、ヨーロッパ諸語のように、名詞の格変化や動詞の活用といった
煩雑な語形変化がなく、また、漢字表記というのが魅力ですね。




Re: 中国語の学習方法について ほーめい - 2005/01/28(Fri) 21:23 No.507   HomePage

かさはら様

 私が一番初めに使った辞書は岩波の物でしたが、これはあまりお勧めは出来ません。参考書は紅楼夢のテレビドラマのビデオと原書です。中国語を始めて一ヶ月で原書を購入しました。日本語で読んでいたのでどういう場面かはわかりましたが、その当時中国語で理解できたかと言うと、全然無理でしたね。

 中国語を始めてどれくらいで小説が読めるようになるかは、全然解りません。自分が何時だったかが曖昧なのです。

 教科書も参考書も自分が夢中になれるものが一番です。ですが、初級者は一冊の教科書を徹底的に勉強するのがいいと思いますけど。



お礼など 投稿者:かさはら 投稿日:2005/01/26(Wed) 21:40 No.504  
ほーめい様、ご丁寧にありがとうございます。
まずは普通話のマスターということですね。

そこで思い起こされるのは、江戸時代の戯作者・曲亭(滝澤)馬琴です。
馬琴は「水滸伝」「金瓶梅」「女仙外史」等の白話小説を読みこなし、
それをネタにして「八犬伝」等の長編小説をものしましたが、どうやって
中国語(当時は北京官話でしょうか)を勉強し、白話小説を読んでいった
のでしょうか。

明治時代では文豪・森鴎外。自伝的私小説「ヴィタ・セクスアリス」の中で、
「肉蒲団」のことを「けしからんわいせつな本」と評しております。
また、「青年」でしたか、「雁」でしたかの冒頭部分で、主人公が神田の
本屋で「金瓶梅」の原書を買い求めています。山東方言がふんだんに出てきて
中国人でも読みにくい「金瓶梅」を読むとは、明治人の教養がただならぬもの
であったことが伺えます。

馬琴にしろ鴎外にしろ、幕末明治の知識人階級は、幼少の頃から漢文に
親しんでいたおかげで、白話の場合、読むだけなら力わざで何とかなったので
しょうか。

内山書店や東方書店で白話小説の原書をいくつか購入しましたが、注釈が
全くといっていいほど施されていないことには驚きました。
現代の中国人は、どういう感じで読んでいるのでしょうか。
夏目漱石が古典にカテゴライズされつつある日本語と異なり、
中国語はそれだけ変化が緩やかな言葉であるということなのでしょうか。

最後に。大陸中国の1元は、邦貨にすると何円になるのでしょうか?

またもや長々と失礼いたしました。



Re: お礼など ほーめい - 2005/01/27(Thu) 23:13 No.505   HomePage

かさはら様

 江戸や明治時代の知識人は論語の素読をしている人たちですから、白話文学なんて簡単なのではないでしょうか。漢字はならまらないから、読むだけなら、山東方言だろうが、北京方言だろうが広東語だろうが意味は取れると思いますよ。漢字はあの広くて方言の多い中国での「共通語」ですから。聞くと全然解りませんけど。紅楼夢も江南の言葉の影響があるといわれてますし。

 今中国元は1元12.5円位でしょう。



はじめまして。 投稿者:かさはら 投稿日:2005/01/24(Mon) 23:12 No.502  
まずは、挨拶代わりに、1月21付読売新聞日刊第6面に掲載されていた
記事を紹介したいと思います。
「肌の露出多すぎる!?紅楼夢大胆漫画化」
というタイトルです。曰く、
「原作120回分の内容を忠実に12冊に収めた。小中学生が主な読者層だが、
現代的なタッチが異例だ」。
出版元は「紅楼夢連環画」と同じ中国画報出版社。
神田の東方書店に照会したところ、
「当店では取り寄せ扱いになる。正式なタイトルは、
「十二集新経典 漫画紅楼夢」で、邦貨だと1冊約700円、
12冊セットだと約8,400円になる」
とのこと。「十二」というのは、「金陵十二」を意識してのことでしょうか。
新聞記事には表紙や見開きの一部が掲載されていますが、日本人受けしそうな
絵柄、別の言い方をすれば、中国では物議をかもしそうなタッチです。

挨拶が長くなりました。私は学生時代に、長期休暇を利用して、
平凡社中国古典文学大系の「水滸伝」「三国志演義」「西遊記」
「平妖伝」「三侠五義」「児女英雄伝」などは読んだことがありますが、
「紅楼夢」と「金瓶梅」については、上・中・下巻中の上巻の最初の
方で投げ出してしまった。
しかし、最近になって、故・松枝茂夫先生の「松枝茂夫文集」(研文出版)
や「中国文学のたのしみ」(岩波書店)や、
岡崎由美先生の「漂泊のヒーロー」(大修館書店 あじあブックス)など
を読んで、紅楼夢を含めた中国の旧白話小説に再び興味がわいてまいりました。
このようなサイトと掲示板にたどりつき、同好の方が沢山いらっしゃることを
知り、大変うれしく、かつ頼もしく思っております。

日本語に翻訳されていない旧白話小説は山ほどある、内山書店や東方書店
で原書を購入し、それを読破していきたいというのが私の夢です。
大木康氏の「中国近世小説への招待」(NHKライブラリー)の冒頭箇所で、
「現代中国語の勉強が白話小説を原文で読むための最高の武器になる訳です」、
「白話小説を読むためには、どうしても中国語の勉強が必要になる訳です」、
「(紅楼夢の原文を引用した後)紅楼夢の文章が現代中国語の知識によって
読める、というよりむしろ、現代中国語の知識がなければ読めないことが
おわかりいただけるかと思います」、
としきりに力説されています。そう言えば故・松枝先生も、「中国では高校生
くらいの年頃なら、紅楼夢を気軽に読むことができる」とおっしゃっていた
ような。
さて、この「現代中国語」とは「普通話」のことであると考えてよろしいの
でしょうか。同じ白話小説でも、金瓶梅は山東方言がふんだんにでてくるので、
そうはいかなかのでしょうね(山東方言とは、普通話とはもちろんのこと、
上海語とも異なるのでしょうか)。

普通話を勉強するとしたら、「CD付 中国語の入門」(白水社)を
使用するつもりでいます。その後、
「名作シリーズ 中国古典白話小説選」(東方書店/絶版)で腕ならし
をして、白話小説のテキストに挑戦したいと思っています。
問題は辞書ですか。旧白話小説の語彙を研究して収録した専用の辞書
というのはなかなかなさそうで。
「君子は怪力乱神を語らず」、白話小説を書くことも読むことも感心
できないこと、江戸時代の上田秋成の読本「雨月物語」の序文に、
「紫式部は「源氏物語」をものしたたため地獄の業火に焼かれ、
「水滸伝」を書いた羅貫中の子孫は三代にわたって口がきけなかった」
といった趣旨のことが記されていますが、現在の中国にもこのような
メンタリティーが残っているということでしょうか。
日本に置き換えると、コミックやアニメに出てくる言い回しを集めた辞書が
出来るとは考えにくい、ということになるのでしょうか。

当座は、収録語数10万語くらいの中日辞典や、「グッズ」欄に出てくる辞書
を利用するしかないのでしょうか。

新入りのくせに長々と書き連ねてしまいました。放言多謝。
今後ともよろしくお願いいたします。





Re: はじめまして。 ほーめい - 2005/01/26(Wed) 13:45 No.503   HomePage

かさはら様

 ほーめいと申します。これからよろしくお願いいたします。
 
 さて、中国語を学習されるとのこと、現代中国語=普通語です。辞書のことでお迷いのようですが、初心者には普通の中日辞典でいいと思います。学習の目的が「聞く話す」ではなく「読む」のだったら、文法を適当に勉強して、ひたすら読んでいくのがいいのではないでしょうか。グッズ覧に出てくる辞書はすべて中文なので、学習者でない方には意味をなさないと思います。コミックやアニメの出てくるような言葉も、中文で中国のスラングを集めた本もでているし、中文サイトで検索も出来るので、ひとまず中国語の初歩を覚えるのが先決です。頑張ってください。

 「十二集新経典 漫画紅楼夢」ですか。今度中国へ行ったときに探してみることにします。



ご紹介 投稿者:洋子 投稿日:2005/01/23(Sun) 17:40 No.501   HomePage
中国ではありませんが、京都とインドを舞台にした中年ラブロマン。
長編『曼陀羅』よく読まれています。
作者はまだ執筆中。



遅ればせながらおめでとうございます 投稿者:ほーめい 投稿日:2005/01/12(Wed) 23:28 No.498   HomePage
平山さん 皆さん

あけましておめでとうございます

今年も宜しくお願いいたします。近頃慌しくて、年始のご挨拶も今になってしまいました。これでは旧正月のご挨拶にした方がよかったかも。

こちらの掲示板を見て、随分と書き込みをしていないのに気がつきました。自分のHPの更新もさぼっていて、だめだなあ、と思う今日この頃です。

先だって仕事でシンガポールに行って、紅楼夢の映画のVCDを見つけました。1961年の作品のようです。見たらまた報告がてらの書き込みをしようと思っています。2002年2003年と二年続けた北京旅行も昨年は出来ず(SSさんの書き込みを見て、正定県の栄国府に行きたくてたまらないのですけど)、私の紅楼夢熱も沈みがちですが、大陸では新版のテレビドラマ紅楼夢の撮影も始まっているはずだし、アンテナだけは張って行こうと思っています。

しかしながら昨今話題の韓国ドラマを見るにつけ、恋愛小説(ドラマ)の基本は三角関係、または四角関係なのだと思うこの頃です。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso
UTF-8 Edit by BJKORO.NET